ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

野村佑希(花咲徳栄)、「現段階では3位級」の声

2018年04月28日

4/28、日刊ゲンダイ44面より

野村 佑希 (花咲徳栄高・三塁手)
185cm・右投右打・動画

昨夏甲子園優勝の花咲徳栄が27日、春の埼玉県大会2回戦を戦った。昨秋の関東大会以来となる公式戦に、ネット裏には10球団のスカウトが集結。お目当てはドラフト候補で通算48本塁打の野村佑希内野手(動画)だ。4番・三塁で先発し、2安打2打点。七回2死満塁で右越え2点二塁打を放ち、貴重な追加点を叩き出した。

最終年を主将として迎えている。試合は川越東に1点差の辛勝。「プレッシャーは仕方ない。その中で自分たちの野球ができるように」と話した。昨年までは外野手だったが、オフに三塁へコンバートされた。視察したスカウトは「評価が高いのは打撃」とこう続ける。

「今年の高校生上位候補を見ても、大阪桐蔭の根尾、藤原、報徳学園の小園ら、最近の注目選手は左打者ばかりに偏っているんです。右投げ右打ちで長距離打者と限定すると、かなり貴重な存在。関東では一番じゃないですか。野村は投手をやっても140ロ台半ばが出るように肩も強い。夏の甲子園は外野手だったけど、内野も守れれば幅が広がって評価も上がる。現段階では3位クラスですが、夏までに上がってくる可能性は十分あります」

今春のセンバツ出場は逃したが、連覇を狙う今夏の100回記念大会を前に、ドラフト候補が力を発揮し始めた。




野村君のスカウト評はこちら

野村君のバッティング動画は
こちら

draftkaigi at 07:04│ │高校 
ドラフトニュース検索