ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

阪神のドラフト補強ポイント&予想

2018年05月05日

週刊ベースボール5月14日号「12球団補強ポイントCHECK」より
3年連続で高卒投手を獲得しているが、野手は4年前に内野手の植田海を獲って以来高卒野手の獲得がない。金本政権の中、若手育成に重きを置きながらも、まずは即戦力の期待が大きい大卒選手などを獲得してきたことで下の世代がいない状況になった。

そこで内野手であれば報徳学園高の小園海斗(動画)大阪桐蔭高の根尾昂(動画)などを獲得し、外野は大阪桐蔭高の藤原恭大(動画)を狙いに行くと、チーム全体の底上げにもつながるはず。

また、若い左腕投手も少なく、将来のエースを育成するのもバランスよくなる。将来性を買い高岡商高の山田龍聖(動画)なども面白い存在だろう。



今週の週刊ベースボールはドラフト特集号です。(490円)


draftkaigi at 07:10│ │阪神 
ドラフトニュース検索