ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

「甲子園と神宮のスピードガンは甘い」の声

2018年05月14日

5/14、AbemaTVより (source)
明大野球部OBでプロ野球でも通算306本塁打と活躍した広澤克実氏(1984ヤクルト1位)が、各球場に常設されている球速測定器スピードガンについて「甲子園と神宮は早く出る」と、自身の体験を語った。

広澤氏は5月13日、AbemaTVの東京六大学野球 2018春季リーグ戦の中継に解説で登場。高校野球からプロ野球まで、今では当たり前になっているスピードガンによる球速表示について「スピードガンは電磁波を流して、帰ってくるスピードで球速をはかる。本当は投手の真後ろからはからないと、正確なものが出てこない」と説明した。

その上で「キャッチャーや審判がいるから、少しずらすことになる。そのずらし方に違いがある」と、球場によるくせが出ると指摘した。経験上、学生野球によく使用される神宮球場、甲子園球場で速く出るといい、「甲子園は右ピッチャーが投げる(右バッターの)外の低めが一番速いと言われている」と、細かい部分まで紹介した。

近代技術の発展により初速や終速、回転数なども計測されるようになってきたが、「精密機器を導入しているのに、はかる方がアバウトなのはもったいない」と、機器の設置も正確であってほしいと願っていた。



下は1984ドラフトでヤクルトが指名した選手です。広澤克実(本名=広沢克己)は1位指名入団。プロでの成績はこちら

ヤクルトの1984ドラフト指名選手
1位広沢 克己明治大内野手
2位秦 真司法政大捕手
3位柳田 浩一鳴門商高内野手
4位増永 祐一鹿児島商工高投手
5位大江 弘明大商大堺高外野手
6位乱橋 幸仁旭川大高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:20│ │高校 | 大学
ドラフトニュース検索