ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

山下航汰(健大高崎)71号弾、オリックス高評価

2018年05月24日

5/24、サンケイスポーツ6面より

山下航汰 (健大高崎高・外野手兼一塁手)
174cm・右投左打・動画

打った瞬間に本塁打と分かる打球が、右翼芝生席の最上段に突き刺さった。山下航汰(動画)が高校通算71号をたたき込み、チームを20安打15得点の大勝に導いた。

「行くかなと思いました。風とかもあったけど驚きました」。3-2で迎えた五回無死一塁、日大三・林の直球を振り抜いた。高校通算で最多とされる111本塁打を放った早実・清宮幸太郎(現日本ハム)に続く高校球界の“新スラッガー”を擁する健大高崎が、6年ぶりに春の関東大会を制した。

「機動破壊」を掲げ、機動力を伝統的な武器としてきたチームだが、今年は破壊力ある打撃が加わった。投手を除くスタメン8人の合計本塁打数は231。71本の1番打者が、その象徴だ。

昨秋の公式戦まで3、4番だった山下だが、青柳博文監督に「鋭い打球を打って、アウトでもいいから勢いづけろ」と“恐怖の1番”に指名された。視察したオリックス・古屋英夫球団本部編成部副部長も「お見事。ボールを速く飛ばす。楽しみな選手」と評価した。

好きなプロ野球選手はオリックス・吉田正だという。右投げ左打ちで、1メートル70台半ばと決して大きくはない体格も共通している。ただ、秘めたパワーは相当。入学時に100キロ前後だったベンチプレスは、現在125キロを上げるまでになった。

「80(本)は出るようにしたい」。昨春のセンバツで2本の満塁弾を放ち、昨夏の群馬大会では大会新の5戦連発も記録した。記念の100回大会で勝ち続ければ、清宮の記録も夢ではない。

(5月23日 関東大会決勝 健大高崎 15-10 日大三)



山下君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:05│ │オリックス 
ドラフトニュース検索