ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

日ハム、高卒新人・清宮を左翼で起用の真の狙い

2018年05月26日

5/26、サンケイスポーツ終面「球界ここだけの話」より

2017日本ハムドラフト1位 清宮幸太郎
早稲田実・一塁手・動画

日本ハム・栗山英樹監督の決断力、胆力に、改めて驚かされている。ドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎内野手(動画)の左翼での起用である。春季キャンプでも、その後の2軍でも外野の練習など1度もしていなかった。早実高時代も、外野は2年生の一時期にトライしただけ。

いわばど素人を、5月8日のオリックス戦で初めて左翼で起用(DHを解除し、八回から)すると、10日のソフトバンク戦では左翼で先発させた。2016年まで在籍していた陽岱鋼(巨人)のグラブを使用しての突貫出場。見るからに危なっかしいが、11日のソフトバンク戦で初補殺を記録するなど懸命にプレーする姿勢は、見ている方にも伝わってくる。

本職の一塁には不動の4番・中田が君臨。DHにも球界を代表するヒットメーカーの近藤、助っ人のアルシアら実力選手がずらりと顔をそろえる。そういった状況の中で「(出場の)幅を広げることを考えていかなければいけない」と栗山監督は言う。ほとんど経験のないポジションを任せるリスクを負っても、このルーキーを一流選手に育て上げようという「覚悟」が感じられるのだ。

監督の真の狙いは分からない。ただ、清宮の野球選手としての潜在能力を目いっぱい引き出してやろう、という思いもあると思う。批判を浴びながらも大谷(エンゼルス)を超一流の「二刀流」に仕立てあげたように。

練習などを見る限り、清宮はこと打撃に関しては極めて貪欲に取り組む。ただ、こと守備、走塁に関しては失礼ながら、かなり淡泊だ。それでも新たなポジションを与えられては基本から取り組まざるを得ない。新たな宿題を与えることで、清宮の新たな一面を引き出そうとしているのかもしれない。今後は打撃のみならず、守備面での成長も注目していきたい。




下は2017ドラフトで日ハムが指名した選手です。1位指名・清宮君のスカウト評はこちら

日本ハムの2017ドラフト指名選手
1位清宮 幸太郎早稲田実高内野手
2位西村 天裕NTT東日本投手
3位田中 瑛斗柳ヶ浦高投手
4位難波 侑平創志学園高投手
5位北浦 竜次白鴎大足利高投手
6位鈴木 遼太郎東北学院大投手
7位宮台 康平東京大投手


draftkaigi at 07:01│ │日本ハム 
ドラフトニュース検索