ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

高卒2年目・才木(阪神)、巨人相手にプロ初勝利

2018年05月28日

5/28、スポーツ報知2面より

2016阪神ドラフト3位 才木浩人
須磨翔風高・投手・18歳

人生初のお立ち台で喜びをかみ締めた。「憧れの場所。この場所で投げて、インタビューしていただけるのはすごくいいものです」

才木浩人(2016阪神3位)がプロ2度目の先発で、チーム打率リーグトップの巨人打線を手玉に取った。6回2安打無四球の無失点でプロ初勝利。阪神の投手が先発で巨人相手に初勝利を挙げるのは、1987年の猪俣隆以来31年ぶりだ。

剛球で押し込んだ。初回先頭・坂本勇への初球は147キロ直球がボール。それでも迷わず、2球目からも直球を6球続けた。9球目を左中間へ運ばれて二塁打とされたが、盗塁死もあり、無失点で切り抜ける。

初先発だった20日の中日戦では先頭の京田に直球を右前に運ばれ「あれで慌ててしまった」と反省。この日は女房役の長坂と「直球で打たれてもいいからどんどん行こう」と打ち合わせ、攻める姿勢を貫いた。

最速152キロを計時した速球のルーツは、無名の須磨翔風高時代にある。中尾修監督は「入学した時はふにゃふにゃ。投手としても学年で4番手くらい」と回顧するが、才木は細身の体を鍛えるため、自主参加の朝練で毎日タイヤを押して背筋や足腰を追い込んだ。

けがで一時中断したが、恩師も「(けがさえなければ)いつまでもやったんじゃないか」と認めた練習の虫。母・久子さんが早朝4時起床で用意した5合の米もかき込み、体を大きくしてプロの扉を切り開いた。

巨人を甲子園で3タテするのは4年ぶり。今季初の5連勝で5月の勝率5割以上も確定し、ナイターで敗れたDeNAを抜いて2位に浮上した。金本監督も「投手コーチから、もう1回チャンスをということだった。見事に期待に応えてくれました」とご満悦。聖地で大きな一歩を記した19歳は「エースと呼ばれる投手になりたい」と高らかに宣言した。

(5月27日 セ・リーグ 阪神 9-1 巨人)



下は2016ドラフトで阪神が指名した選手です。3位指名・才木浩人のスカウト評はこちら


阪神の2016ドラフト指名選手
1位 大山 悠輔 白鴎大 内野手
2位 小野 泰己 富士大 投手
3位 才木 浩人 須磨翔風高 投手
4位 浜地 真澄 福岡大大濠高 投手
5位 糸原 健斗 JX-ENEOS 内野手
6位 福永 春吾 四国IL徳島 投手
7位 長坂 拳弥 東北福祉大 捕手
8位 藤谷 洸介 パナソニック 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01│ │阪神 
ドラフトニュース検索