ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

藤原恭大(大阪桐蔭)、日ハム「いい肩見れた」

2018年05月28日

5/28、スポーツ報知4面より

藤原 恭大 (大阪桐蔭高・外野手)
180cm・左投左打・動画

今春センバツで史上3校目の連覇を達成した大阪桐蔭が27日、横浜市内で昨秋明治神宮大会王者の日体大とのダブルヘッダーに臨み、2試合20得点を挙げ連勝した。

チームは26日の近畿大会初戦突破直後に兵庫・明石トーカロ球場をバスで出発。異例ともいえる大会期間中の強行軍だったが、今秋ドラフト1位候補の藤原恭大中堅手(動画)が今季1号ソロを放つなど、疲れも見せずに破壊力を見せつけた。

ダブルヘッダー1戦目の7回先頭。藤原は巨人・森福を思わせるサイド左腕の春田優成の内角スライダーを、右越えへ運んだ。「変化球を打たないと(今後)通用しないと思って狙っていた。自信になる一発だと思う」。昨年10月の秋季近畿大会1回戦以来、約7か月ぶりの高校通算22号に笑顔を見せた。

復帰直後とは思えない存在感だ。昨秋に痛めた右膝の治療に専念するため、今春大阪大会を欠場。だが、センバツ決勝以来の公式戦出場となった春季近畿大会1回戦(対明石商)で、5打数5安打2打点1盗塁。兵庫から約8時間30分の移動を経て連戦となったこの日は、いずれも中堅で2試合に先発出場。

日本ハム・大渕スカウト部長は「実戦に強い。いい肩も見せてもらった」と守備面も評価した。

両校の指揮官が同世代で親交があり、スケジュールも合致したことから実現した一戦。日体大は今秋ドラフト1位候補の松本航、東妻勇輔が登板しなかったが、ベストに近い布陣で臨んだ。日体大は木製バット、大阪桐蔭は金属バットのハンデ戦だったが、夏の第100回大会の本命としての実力を発揮した。

(以下略)



藤原君のスカウト評はこちら

藤原君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:05│ │日本ハム 
ドラフトニュース検索