ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

原辰徳(巨人)の長男にシャブ強制捜査入った!

2018年05月30日

週刊アサヒ芸能6月7日号より

1980巨人ドラフト1位 原辰徳
東海大・内野手・22歳

去る4月14日、東京都江東区の湾岸署では、署内がざわめき立っていたという。警察担当記者が明かす。

「厚労省の麻薬取締部(以下マトリ)が、ある大物のシャブ強制捜査を計画していて、今日中にも逮捕に至り、湾岸署に搬送されてくる、という情報が駆け巡っていたんです。担当記者にもそれが漏れ伝わってきていて、複数の大手全国紙も動けるように態勢を整えていました」

湾岸署は留置場の室数が多い。加えて、周辺に居住者や商業施設が少ないため、報道陣や野次馬が大挙しても渋滞などの混乱を起こしにくい利点があり、有名人逮捕者の留置によく使われると言われる。実際、酒井法子やASKAが逮捕された際にも、所轄の警察署から湾岸署に移送された実績がある。先の記者が続ける。

「情報を裏付けるように、湾岸署では留置場をあけて勾留の準備を進めているようでした。しばらくしたら、逮捕対象者が誰か、という情報も聞こえてきました。それが誰あろう、読売ジャイアンツ球団特別顧問。原辰徳氏の長男・A氏(30)だったんです」

原氏(1980巨人1位)といえば、選手時代は通算382本塁打を放ち、監督としても12年間で7度のリーグ優勝と3度の日本一を獲得した、まさに巨人軍の顔。連覇の重圧がかかった09年の第2回WBCの優勝監督ということも加味すれば、日本球界のレジェンドといっても過言ではない。実際、今年1月には野球殿堂入りを果たしている。

その愛息が「スワッ逮捕」ともなれば、確かに一大事である。

ここで、A氏のプロフィールを簡単に紹介しておこう。原氏の一粒種として育てられたA氏は、有名私立大学の付属小学校から大学まで通った。大学在学中からワインなどの輸入会社を起業したり、卒業後は芸能プロダクションでのマネージャー業など華やかな経歴を経て、15年12月からは、東京・麻布十番に創作和フレンチレストランをオープン、オーナーとして活躍している。


長いので以下略。要約すると、レストラン店までA氏の取材に行き、4月14日にガサ入れがあったかどうか尋ねると「はい、そうですね。朝方に・・・」と事実を認めたとのこと。ただ結果はシロとのこと。記事によると、家宅捜索や尿検査等あったようです。

下は1980ドラフトで巨人が指名した選手です。1位指名・原辰徳のプロ入り後の成績はこちら

巨人の1980ドラフト指名選手
1位原 辰徳東海大内野手
2位駒田 徳広桜井商高投手
3位小原 正行臼杵商高投手
4位瀬戸山 満年中京高捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:02│ │巨人 | ドラフト犯罪・逮捕
ドラフトニュース検索