ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

速水隆成(BCリーグ群馬)、プロスカウト注目

2018年06月06日

6/5、サンケイスポーツ終面より

速水 隆成 (群馬ダイヤモンドペガサス・捕手)
189cm・右投右打・動画

強打の群馬打線の一角を担う速水。5月終了時点で打率.305。また6本塁打、25打点は、どちらもリーグ5位に位置していた。「今季は本塁打がいいペースで出ている」と手応えを感じている。一方、捕手としての課題は明確だ。

「守備でのスローイングをもっと改善しなければいけない。肩の強さには自信があるが、もっと送球が安定しないと盗塁を刺せるようにならない」

地元の桐生第一高で、2年春のセンバツに一塁手として出場し、ベスト8に進出した。地元出身で期待の大型内野手して2016年春にBCL群馬に入団した。NPB入りを目指す中、1年目の6月に転機が訪れた。

「練習中に遊びで二塁送球をやってみたら、良い球がいったんです。チームメートから、『捕手でこれだけ大きな体があれば特徴になる。挑戦したら?』と言われたのがきっかけでした」

中学時代以来という捕手の練習を本格的に始めた。2年目の昨季は捕手として67試合に出場。打率.285、8本塁打、38打点の成績を成績を残した。飛躍を期した3年目の今季、打撃成績はさらに向上。大型捕手としてNPBスカウトも注目する存在になってきた。

試合後は一人、ベンチに残り、試合中の配球を思い起こしながら、気がついたことなどをノートにメモするのが日課だ。「打者を観察しながら、ボールへの反応、苦手なコースなどを書いています。自分なりに投手の長所を引き出そうと考えながらリードを勉強中。正直、今は打撃よりも守備のことで頭がいっぱい・・・」

群馬・平野謙監督(元西武)は「チームが目指す守りからリズムを作るという野球に速水の存在は重要」と評価。一方で「今は走者が出た場面で課題がある。スローイングなど、もっとがむしゃらに練習をしてほしい」と注文をつけた。

BCLでナンバーワンの捕手にならなければ上(NPB)には行けない。もっと頑張りたい」。5期連続優勝を目指すチームは現在、東地区で激しい前期優勝争いの真っただ中。緊張感のある試合の中で、速水はチームの要として、日々多くを学んでいる。

draftkaigi at 07:01│ │独立リーグ 
ドラフトニュース検索