ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

中田朋輝(広島大)、複数球団スカウトが視察

2018年06月08日

6/7、デイリースポーツ「デイリー広島特報バン」より

中田 朋輝 (広島大・投手)
184cm・右投右打・動画

広島大の絶対的エースが奮闘した。優勝へ最大の関門となったのが第5週の近大工戦。初戦は中田朋輝(動画)が延長11回を一人で投げ抜いたものの打線の援護なく0-2で惜敗。

しかし、2戦目を橘、藤重、本田の継投で2-1でものにすると、3戦目は再び中田が先発して2失点の完投勝利。4連覇を狙う近大工から貴重な勝ち点を奪った。続く広経大戦でも中田が1、3戦目で完投勝利をおさめ、17季ぶりの頂点へ駆け上がった。

中田は計6勝をマーク。9試合71回を投げて防御率0.89と、エースにふさわしい数字を残し、最優秀選手賞と最優秀防御率賞の2冠を獲得した。最速148キロの直球に加えて、今季から使い始めたカットボールが威力を発揮した。

「プレッシャーのかかる試合で力を出し切れたことが一番成長したところ」。今年の目標に「神宮&150キロ」を掲げており、まずは神宮の目標をかなえた。

広島大の春季リーグ優勝は1983年以来3度目。過去2回出場している全日本大学選手権では1勝することができず、35年ぶりに出場する今大会で初勝利を目指す。初戦の相手は強豪・東北福祉大。「圧倒的に自分たちが格下だが、これまでやってきた野球で食らいついていきたい」と中田は闘志をかき立てる。

リーグ戦では複数のプロ球団のスカウトが中田の投球を視察に訪れた。将来、プロ入りを目指す右腕にとっては、強豪が集まる全国舞台で自身の実力を知らしめる絶好のチャンスだ。リーグ通算23勝(13敗)の頼れる右腕は「これまで全国大会に縁がなかったので、どこまで自分の力が通用するのか楽しみ。納得のいくストレートを投げ込みたい」と意気込みを口にした。



中田君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 10:30│ │大学 
ドラフトニュース検索