ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

山口航輝(明桜)、楽天「中田翔タイプ」

2018年06月08日

6/8、サンスポwebsiteより (source)

山口 航輝 (明桜高・投手兼外野手)
181cm・右投右打・動画

山口(動画)の強烈な打球は瞬く間に右中間芝生席の最深部に突き刺さった。推定130メートル弾。山口は悠々とダイヤモンドを一周した。

「好投手の直球を打ち崩そうとヤマを張った。(強烈な当たりで)気持ちよかった」。6-1で迎えた五回、無死三塁。磐城の好投手・小山の外角高め直球をとらえた高校通算20本目に白い歯がこぼれた。前の打席も右越え三塁打を放ち、2安打3打点だ。

その雄姿を11球団のスカウトが視察した。楽天の長島哲郎スカウト部部長は「馬力もあるし、右に押し込めるのは魅力。中田翔タイプでスケール感は魅力」と高評価。山口も「右へ強く打つ練習をした。持ち味を出せた」と自賛した。

昨夏の秋田大会決勝、金足農戦で右肩を負傷するまで、最速146キロを誇る「4番・投手」の大黒柱だった。その後手術を受け、3月から投球練習も再開。「今では1日100球くらい投げたりする」(山口)と“投手復活”へ着実に歩を進めている。

今大会は、高校入学後の主要大会では初めて背番号1で登録された。チームの復活へ対する期待の表れだ。「何番でもやることは変わらないと思っているが、ビックリした」と山口。

投打の“二刀流”には特別な思いを抱く。寮ではベッド横の壁に、エンゼルス・大谷の投打両方の写真を貼っている。横たわって壁側を向くと、そこにはいつも憧れの大谷の姿。「毎日(一緒に)います。こういう選手になりたい」。恋人を見つめるように目を輝かせる。

夏の大会へ向けた試金石となる大会で、まず1勝を挙げた。「夏につなげる試合をしたい。いい投手と勝負して、自信をつけたい」。プロ注目の有望株はさらなる高みで己を磨く。 

(6月7日 東北大会1回戦 明桜 8-1 磐城)



山口君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 11:37│ │楽天 
ドラフトニュース検索