ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

川島レオナルド(星陵)、プロ3球団が視察

2018年06月13日

6/13、日刊スポーツwebsiteより (source)

川島 レオナルド (星陵高・投手) 
182cm・右投右打・動画

星陵(静岡)のレオ様がこの夏、ドクターKになる。イラン人の父と日系ブラジル人の母を持つ川島レオナルドの最大の武器は、140キロ近い直球だ。しかしこれまでは終盤に息切れし、勝利から見放されてきた。課題の体力を強化し、さらに楽天の則本昂大投手を参考に直球にも磨きをかけてきた。プロも注目する右腕が、夏に才能を開花させる。

投球の際に勢い余って野球帽がグラウンドに落ちる。力強いフォームからキレの良い直球が走る。秋の時点で137キロをマークし、それ以降はスピードガンで計測する機会がないが「140キロは出てると思う」と話す。昨年の春から背番号1をつける川島は「去年の夏は体力の消費が激しく、緊張もあって序盤に4失点した。悔しい思いをしたので今年は結果を残したい」と活躍を誓った。

春は富士市立に2-3で敗れるも10回2/3を1人で投げ抜いた。秋以降、ポール間走20往復やタイヤを使ったトレーニングで足腰を鍛え、秋に露呈したスタミナ不足を克服した。しかし、結果を残せず、川島は「初戦で負けて何か変えなければ」と考え、空振りが取れる直球の習得を目指した。

目指したのは則本の球だ。回転数が毎分2500回にもなる昨季パ・リーグの奪三振王の直球は初速と終速の差が小さく、打者からは浮き上がって見える。川島はリリース位置を前に出し、指先の感覚を意識して投球練習を消化してきた。

「離すときに押し出すようにしてます。バットの上をボールが通過するような球を投げたい。最近はポップフライで打ち取れたりする」と手応えを感じている。

昨秋はプロ3球団が川島を視察し、そのうち1球団はこの春にも様子を見に来たという。川島は「評価してもらえるのはうれしいです。最終的にはプロに行きたい」と夢を口にした。夏のマウンドでエースとしての責任を果たし、プロへの道も切り開いていく。



ピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 12:13│ │高校 
ドラフトニュース検索