ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

杉尾剛史(宮崎産経大)、ソフトバンクが評価

2018年06月13日

6/13、西日本スポーツ18面より

杉尾 剛史 (宮崎産業経営大・投手)
173cm・右投右打・動画

郷土愛に満ちたエースが宮崎産経大に歴史的な1勝をもたらした。創価大から10三振を奪った杉尾(動画)が胸を張る。田中正義(ホークス)ら多数の選手をプロに送り出してきた創価大を相手に堂々の勝利。「(九州地区南部)連盟の代表として何としてもいい試合がしたかった」。沸き立つベンチの中で一人、穏やかな笑みを浮かべた。

5回まで内野安打1本のみ。最速143キロの真っすぐを低めに集め、縦横のスライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を織り交ぜた。7回1死一、二塁のピンチも見逃し三振と游邪飛で脱出。2失点した8回に右ふくらはぎがつり、この回限りで降板したが、快勝の立役者となった。

三輪監督は「これくらい投げられると思った」と能力の高さを認める。部員89人のうち甲子園経験者は杉尾を含めて2人だけだ。杉尾は宮崎日大高3年の夏に出場したが、初戦で上田西(長野)に0-3で敗れた。

「もう一度宮崎代表として全国に出て1勝したい」。関東や福岡の大学からの誘いを断り、特待生制度もなく、全国的に無名の宮崎産経大へ進学。「うちは環境も整ってないし・・・」。三輪監督は入部を喜ぶどころか逆に一度は断ったという。

グラウンドは、高校サッカーの強豪で全国優勝の経験もある系列の鵬翔高校と共用。平日は3日間、週末も午前中しか使えない。しかも、入学当初は自主練習する選手も皆無だった。ミーティングなどで叱咤しながら、チームメートの意識を高めることから取り組んだ。

その熱意が徐々に伝わり、2年生となった昨年から午前7時半からの朝練習を導入。杉尾自身も居酒屋のアルバイトを辞めて野球に専念するようになった。

来秋のプロ野球のドラフト会議も視野に入れる杉尾の126球は、プロのスカウトにもインパクトを与えた。福岡ソフトバンクの岩井スカウトは「もう一段階上がればプロ、さらにレベルアップすれば桑田(元巨人)のようなタイプになる可能性を秘めている」と評価した。

(6月12日 全日本大学選手権1回戦 宮崎産業経営大 6-2 創価大)



杉尾君は現在大学3年生です。ピッチング動画はこちら

draftkaigi at 13:00│ │ソフトバンク 
ドラフトニュース検索