ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

2018夏の甲子園、熊本大会の展望&注目選手

2018年06月15日

日刊スポーツの熊本大会展望
2年連続春の県大会覇者で、夏も13年から3年連続準Vの文徳に勢いがある。主将で4番のドラフト候補、萩原匡也外野手が軸の攻撃力は力強い。昨夏まで4季連続甲子園出場の秀岳館、9度目の出場を目指す九州学院、古豪・熊本工にも可能性ある。

熊本大会の日程=7月1日~7月22日
熊本大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)



西日本スポーツの熊本大会展望
昨秋、今春と熊本大会を制した文徳が一歩リードも混戦模様。いずれも決勝で文徳に惜敗した九州学院、昨夏まで4季連続で甲子園に出場し、強打の山下ら個々の能力が高い秀岳館も引けを取らない。有明は速球派右腕の浅田を中心に前哨戦のRKK旗で優勝するなど勢いがある。ノーシードながら昨春の選抜大会を経験した選手が多数残る伝統校の熊本工、NHK旗覇者の球磨工、春4強の熊本国府鎮西城北東海大熊本星翔も侮れない。

熊本大会の日程=7月1日~7月22日
熊本大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)



熊本県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら


draftkaigi at 07:00│ │高校野球地方大会展望 
ドラフトニュース検索