ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

父親が暴力団員でドラフト指名を諦めた話

2018年06月16日

6/15、日刊ゲンダイ25面より


デスク
「大学野球選手権が盛り上がってるな」

記者
「ですね」

デスク
「中には、この場でプロのスカウトにアピールしよう!と下心のある選手もいるのか?」

記者
「大学生にもなれば、それくらいは計算しているのもいるでしょ」

デスク
「無名でも大舞台でアピールできれば、ドラフトで指名される可能性もあるからな」

記者
「もちろん、フロックじゃ意味がない。実力が伴っていないと」

デスク
「そりゃそうだ」

記者
「ただ、プロ志望で実力があっても、夢がかなうかといえば・・・」

デスク
「素行が悪くて指名されないとか?」

記者
「本人の素行なら自業自得なんですけどね。中にはそうでないケースもある」

デスク
「てえと・・・」

記者
「数年前の話ですが、ある大学に将来有望な選手が入った」

デスク
「ほう」

記者
「その選手、甲子園には出てませんが、高校野球で活躍。実力を買われて大学に進学した」

デスク
「そこでも結果を出した、と」

記者
「あまり」

デスク
「なーんだ」

記者
「いや、当初はやる気があったんですけど、どんなに頑張ってもこれじゃあプロに指名してもらえないと諦めてしまった」

デスク
「なにか事情があったのか」

記者
「父親が現役の暴力団員だって」

デスク
「あちゃあ」

記者
「昔ならいざ知らず、今はプロ球団もその辺りは慎重ですから」

デスク
「親は選べねえからなあ」

記者
「その選手、大学卒業後は一般企業に就職したそうです」



2018高校生のドラフト候補まとめ

2018大学生のドラフト候補まとめ

2018社会人のドラフト候補まとめ

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめ

2018ドラフト12球団の1位指名予想



draftkaigi at 07:00│
ドラフトニュース検索