ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

吉岡桃汰(都立東大和南)、プロスカウト注目

2018年06月17日

6/17、スポニチwebsiteより (source)

吉岡 桃汰 (都立東大和南高・投手)
180cm・左投右打・動画

第100回記念全国高校野球選手権の東西東京大会の組み合わせ抽選会が16日、行われた。都東大和南(西東京)のプロ注目の最速141キロ左腕・吉岡桃汰投手は「都立のドクターK」として注目される。

1年秋に投手を始めた吉岡が今春、快投を見せた。都大会1次予選の都淵江との1回戦で22奪三振を記録し、計4試合34回2/3で63三振を奪った。「ここまで三振が取れると思っていなかったので自信になった」と笑う。

中学時代は無名の存在で「高校ではバドミントン部に入ろうかな」と迷ったという。高田敏之監督が「肘から先が柔らかく使える」と吉岡を一塁手から投手に転向させると才能が開花。高校入学から体重は14キロ増の79キロ、球速は120キロから21キロもアップした。

「(楽天の)松井投手を見て腕を振るようにしたら直球とスライダーの腕の振りが同じになって切れも良くなった」。伸びのある直球と縦スラを駆使する投球は松井と重なり、プロからも注目される存在にまで成長した。

日大三をはじめ強豪ひしめく西東京大会。春は都2回戦で敗退したが、左腕は「万全な状態で夏を迎えて、まずは4強を目指したい」と闘志を燃やす。初の甲子園を目指す都東大和南が台風の目になる。



吉岡君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。 

draftkaigi at 07:00│ │高校 
ドラフトニュース検索