ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

あのドラフト選手は今、大手外資コンサル社員に

2018年06月19日

6/19、デイリースポーツ21面より

2011巨人(育成)ドラフト3位 柴田章吾
明治大・投手・22歳

元巨人投手の柴田章吾さん(2011育成ドラフト3位)は現在、大手外資系総合コンサルティング企業「アクセンチュア」の社員として第2の人生を送っている。引退後、東大・京大生の就職ランキング上位の難関企業に自力で就職。ビジネスマンとして日々奮闘している。

11年に入団し14年オフに戦力外。現役への思いもあったが「奇跡が起きて活躍できても3000万円もらえたらいいほう。それなら別の世界に行って毎年1000万円稼ぎたい」と未練を断ち切った。

引退後にジャイアンツアカデミーの講師として少年少女に野球を教える一方、就職活動を開始。人脈を駆使して商社や広告代理店、銀行など半年間で約100人のOB訪問を行い、志望する企業を絞り込んだ。

「15歳で病気になった時から野球はずっとできないと、心のどこかにありました。昔から就職するならどこがいいだろうと、働くことに興味があったんです」

三重県出身の柴田さんは中学時代、1万人に1人の難病ベーチェット病を発症。40度の高熱と腹痛に苦しみ、生死をさまよった。再発すれば失明の可能性もある病気。今も薬を服用し、定期検診が必要だ。ただ。人生観を変えたこの経験が愛工大名電高時代の甲子園出場やプロ入り、さらにアクセンチュア入社を実現させた原動力となった。

入社後は大きな壁にもぶつかった。「みんなができいる当たり前。僕はそれができなかった」。配属先では資料作成や議事録等、日々のタスクに忙殺され、上司の前で涙を流したこともあった。現在はITコンサルティング業に従事。全国各地を飛び回っている。

夢もある。アクセンチュアの採用面接では、将来的にメジャーリーグの経営に携わりたいことも伝えた。「メジャーのIT部門では実際、日本人の方も数人が働いていて、IT企業から転職した人達。アクセンチュアのITコンサルタントの人間が、その部署に行ける可能性はゼロではないと思っています」

巨人では同世代の菅野や小林が主力となったが、柴田さんも別の世界で活躍。「すごく充実していますね。人生2度、楽しめているなという感じです」。華麗なる転身を果たした29歳は、さらなる高みを目指している。



下は2011育成ドラフトで巨人が指名した選手です。柴田章吾は3位指名され入団。プロでの成績はこちら

巨人の2011育成ドラフト指名選手
育1位 森 和樹 市柏高 投手
育2位土田 瑞起四国IL愛媛投手
育3位柴田 章吾明治大投手
育4位芳川 庸洛北高捕手
育5位雨宮 敬BCリーグ新潟投手
育6位渡辺 貴洋BCリーグ新潟投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:22│ │巨人 | あのドラフト選手は今・・・
ドラフトニュース検索