ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

2018夏の甲子園、南大阪大会の展望&注目選手

2018年06月23日

デイリースポーツの南大阪大会展望
プロ注目右腕・立石が大黒柱の大体大浪商を、左腕・大石(スカウト評)を擁する近大付、今春の大阪大会4強・初芝立命館が追う展開となりそうだ。同8強の東大阪大柏原、公立の大塚は強力打線が武器。興国は投打でバランスがよく、大商大堺は投手力で勝ち上がりを目指す。近大泉州大阪偕星学園上宮上宮太子なども優勝を狙える力を持つ。

南大阪大会の日程=7月7日~7月28日
南大阪大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)


スポーツニッポンの南大阪大会展望
春の府大会4強の大体大浪商がやや優勢だ。長身右腕の立石が大黒柱で、守備も堅い。同4強の初芝立命館は下手投げの木元康の出来が鍵を握りそうだ。昨秋4強の近大付左腕・大石(スカウト評)が絶対的な存在となる。公立の実力校・大塚、打線がいい興国大商大堺大阪偕星学園などが追う。

南大阪大会の日程=7月7日~7月28日
南大阪大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)



大阪府の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

draftkaigi at 07:04│ │高校野球地方大会展望 
ドラフトニュース検索