ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

山田龍聖(高岡商)プロ志望、12球団視察済み

2018年06月25日

 6/25、スポーツ報知websiteより (source)

山田 龍聖 (高岡商高・投手)
182cm・左投左打・動画

2連覇を狙う高岡商は、プロ注目のMAX148キロ左腕・山田龍聖(動画)が好調をキープする。昨夏の甲子園で、大量失点し、初戦敗退を喫した悔しさをバネに練習に励んできた。今月中旬の強化合宿では、135本の砂浜ダッシュを行うなど、猛特訓で心身ともに増強。勝負の夏で、最速150キロ突破と聖地での日本一を目指していく。

北陸屈指の剛腕・山田が、いよいよ最後の夏に挑む。ブルペンでは、切れのあるストレートと変化球を力強く投げ込み、調子は上々だ。春の県大会、北信越大会ではプロ12球団のスカウトが姿を見せた。編成部長クラスも多く訪れ、その将来性の高さに注目が集まっている。

「プロに行きたい気持ちもあります。評価はうれしいですが、自分としては甲子園に行きたい。そのことだけを考えています」。プロへの思いはいったん封印し、夏の甲子園に照準を合わせる。

地獄の校内合宿を乗り越えた。今月13日から3泊4日で行われ、厳しい走り込みとノックを中心に、大会前最後の追い込み特訓に取り組んだ。15日には学校から氷見市・島尾海岸まで約10キロをランニング。さらに富山大会の決勝までの5試合×27アウト分を意味する135にちなみ、砂浜で約30mのダッシュ走を135本の決行した。

「バテたけど、気持ちで負けたくない。全部で三振を取るという気持ちで、一歩一歩、全力で走りました」。ダッシュ後は学校まで再びランニング。翌朝はベットから起き上がるのも大変だったというが、下半身をいじめ抜き、夏を乗り切る体力を作り上げた。

「150キロ出したい」 昨夏の甲子園。約4万6000人の満員スタンドの中、初戦の東海大菅生戦で、8回からリリーフした。しかし、制球が乱れて6失点。9回途中に降板し、1-11で大敗した。「自分の力は全然足りなかったが、成長させてくれた。借りを返して、日本一を目指したい。出したい数字は150キロです」と山田。雪辱を果たすため、大台突破で大きな目標を引き寄せる。



山田君のスカウト評はこちら

山田君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 09:08│ │プロ志望届 
ドラフトニュース検索