ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

高卒2年目・高橋(広島)、巨人相手に1軍初勝利

2018年06月29日

6/29、サンケイスポーツ7面より

2016広島ドラフト2位 高橋昂也
花咲徳栄高・投手・18歳

プロ2年目の左腕が今季最大級のアップセット(番狂わせ)を成し遂げて、チームを今季初の6連勝とリーグ40勝一番乗りに導いた。広島・高橋昂(2016広島2位)がプロ3度目の登板、本拠地デビュー戦で、巨人・菅野に投げ勝ってプロ初勝利を手にした。

「最高です!。とても興奮しています。ファンの声援が力になって勝つことができました。ありがとうございます」。お立ち台で初々しさをみせた19歳だが、マウンドでは頼もしかった。最速147キロの直球にカットボール、スライダー、フォークを織り交ぜ、6回を3安打2失点、7奪三振。通算69勝の球界を代表する右腕に投げ勝った。

花咲徳栄高3年時の2016年夏の甲子園では、楽天・藤平(横浜高)、西武・今井(作新学院高)、ヤクルト・寺島(履正社高)とともに「高校ビッグ4」と呼ばれた。日本代表で同部屋だった藤平が初勝利を挙げた昨季は「すごい。才能が違う」と謙遜していた男が、1年越しで競争の輪に加わった。

小3のころに野球漫画「MAJOR」をみて「栗橋ジャイアンツ」で野球を始めた。憧れは巨人のエースで同じ左腕の内海だった。「パワーで勝負する選手が好き」。練習や試合で疲弊しきっていても休日のトレーニングは継続。真っ向勝負でG斬りを果たした。

「チームの力になれるように頑張ります」。チームは交流戦で6まで減った貯金を最多タイの12まで戻した。かつて巨人相手に闘志を燃やした衣笠氏のお別れの会が催された夜、若鯉が本拠地マツダスタジアムで躍動した。

(6月28日 セ・リーグ 広島 4-2 巨人)



下は2016ドラフトで広島が指名した選手です。2位・高橋君のスカウト評はこちら

広島の2016ドラフト指名選手
× 田中 正義    
× 佐々木 千隼    
1位 加藤 拓也 慶応大 投手
2位 高橋 昂也 花咲徳栄高 投手
3位 床田 寛樹 中部学院大 投手
4位 坂倉 将吾 日大三高 捕手
5位 アドゥワ 誠 松山聖陵高 投手
6位 長井 良太 つくば秀英高 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:23│ │広島 
ドラフトニュース検索