ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

勝又温史(日大鶴ヶ丘)、巨人・日ハム高評価

2018年07月03日

7/3、スポーツ報知websiteより (source)

勝又 温史 (日大鶴ヶ丘高・投手)
178cm・右投左打・動画

しなやかな腕の振りから放たれる最速152キロの直球が、陽炎を切り裂いた。6月30日、千葉の強豪校との練習試合で先発した勝又は、4回2安打無失点、8奪三振と好投した。8球団18人のスカウトが視察する中で「変化球もうまく使って投げることができた。投げていて楽しい」と笑顔を見せた。

昨秋からの急成長で、スカウト陣の評価も急上昇中だ。巨人・青木スカウトは「真っすぐが強い。可能性を秘めている投手」。日本ハム・岩舘スカウトは「当然ドラフト候補。夏次第で順位も変わるくらいの素材」と将来性に太鼓判を押す。進路をプロ一本に絞っている身長180センチの逸材に熱視線が注がれている。

飛躍のきっかけは、思わぬところにあった。春の都大会ブロック予選で「2段モーション」を指摘された。本来の思い切りの良さを失った右腕に、萩生田博美監督は、ノーワインドアップからワインドアップへの修正を提案した。

「YouTubeで(楽天の)則本選手を見て、マネしてやってみました。振りかぶって勢いをつけて投げられるから、いいなと思った。そしたらハマった」と勝又。最速147キロだった直球は5月中旬、152キロに到達した。

2年の時を経て、大輪が花開こうとしている。入学時は173センチ、69キロの細身。体づくりのため、2年秋までは主に野手としてプレーした。朝から3合の白米をかきこみ、1年夏から始めた早朝6時からの10キロ走やスクワットで、心肺機能と足腰も強化。地道な努力で一度もけがをすることなく、剛腕にふさわしい体をつくった。

11日には清瀬との初戦を迎える。「まずは甲子園。個人としては、神宮で155キロを出したい」。磨き上げた超高校級の直球で、チームを4年ぶりの甲子園へ導く。東京最強へ。いざ出陣。



勝又君のスカウト評はこちら

勝又君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。


draftkaigi at 14:46│ │巨人 | 日本ハム
ドラフトニュース検索