ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

片山雄哉(BC福井)、スカウト注目度上昇中

2018年07月04日

7/3、サンケイスポーツ25面より

片山 雄哉 (福井ミラクルエレファンツ・捕手)
177cm・右投左打・動画

3点を追う九回1死。走者を2人置いて、福井・片山(動画)が左打席に立った。「初球から行こうと決めていた」。新潟の抑え、長谷川の真ん中外寄りの直球を振り抜くと、打球は逆方向へ。レストスタンドに飛び込む3ラン。前期王者は土壇場で同点に追いつき、試合を引き分けに持ち込んだ。

「ここ一番の場面で1本を出せて最低限の仕事はできた」。落ち着いた声で試合を振り返った片山。初回には、リーグの盗塁王を争うほどの俊足、菊地悠人の二盗を阻止。二塁ベースまでの送球タイム1秒8という強肩を披露した。ここにきてNPBスカウトの注目度も上がってきている

愛知県出身。小学生時代はソフトボールをプレー。本格的に野球を始めたのは中学からだ。高校(刈谷工)、大学(至学館大短期大学部)では目立った活躍をすることはできなかった。

「それでもプロ野球選手になりたかった。NPBを目指す一番の近道だと思い、BCLを選んだ」。2014年秋、BCLトライアウトを受験し、福井からドラフト6巡目で指名されて入団した。ただ正捕手の座は簡単には獲得できなかった。

転機は昨年訪れた。ロッテ、ヤクルトで捕手としてプレーした田中雅彦現監督が、福井のバッテリーコーチに就任。「捕手としての感性が鋭い」と、片山の能力を高く評価し、マンツーマンで指導してきた。昨季は49試合に出場。打率.285、5本塁打、35打点と打撃面でも開花した。

「田中監督と出会えたことが大きい。リードでも根拠と理由を明確にした配球を意識するようになった」。福井は6月21日、西地区の前期優勝を飾った。田中監督は「片山の守備力と打撃での貢献度はチーム一。スローイング、ブロッキングも成長して、正捕手として安心して任せられる」と目を細める。

6月29日現在で9本塁打と、打撃成績もキャリアハイを更新している。「今年がラストチャンス。常に自分にプレッシャーをかけながら、1試合も無駄にしない。最後まで勝ち続ける」。片山は、チーム初の独立リーグ日本一と自身のNPB入りへ、後期も強肩強打で貢献する。



片山君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:00│ │独立リーグ 
ドラフトニュース検索