ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

勝又温史(日大鶴ヶ丘)、ヤクルト「二刀流もある」

2018年07月12日

7/12、サンケイスポーツ5面より

勝又 温史 (日大鶴ヶ丘高・投手)
178cm・右投左打・動画

西東京大会の2回戦では日大鶴ケ丘のドラフト候補右腕、勝又温史投手が「5番・右翼」で先発出場し、五回に2ランを放つなど4打数3安打4打点。投げては1回を無失点に抑え、投打二刀流で評価が急上昇した。試合は10-0の六回コールドで清瀬に勝利した。

弾丸ライナーを右翼芝生席の中段に突き刺した。五回無死一塁。最速152キロの投手としてプロ注目の勝又が、駄目押しの2ランを放った。「流れを変えてやろうと思った。打った瞬間はフェンス直撃かなと思ったけど、入ってくれてよかったです」

先発マウンドは仲間に譲り、右翼で出場した最速152キロ右腕が、打撃でスタンドを魅了した。三回一死満塁から左翼線に2点二塁打、六回は二塁内野安打で4打数3安打4打点の大暴れだ。

「通算30本くらい」と勝又。投手に比重を置き、これまで通常の打撃練習以外はほとんど行ってこなかったが、実は日大鶴ケ丘グラウンドの右翼(約90メートル)後方にそびえ立つ高さ40~50メートルの特大ネットを越えたこともあるというパワーの持ち主だ。あまりの飛距離に萩生田博美監督から、左翼方向に打つように指示されたこともあるという。

バックネット裏では日米7球団のスカウト陣が熱視線を送った。ヤクルト・橿渕編成部スカウトグループデスクは「うちは二刀流というシステムをやったことはないけど、それを考えてもいいぐらい、打者としても楽しみ」とポテンシャルの高さを絶賛。勝又自身も「打つことは自分の中で楽しみ。ぜひやってみたい」とプロでの投打二刀流に興味を示した。

(7月11日 西東京大会2回戦   日大鶴ケ丘 10-0 都清瀬)



勝又君のスカウト評はこちら

勝又君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。


draftkaigi at 07:08│ │ヤクルト 
ドラフトニュース検索