ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

スーパー1年・度会隆輝(横浜)、ヤクルト高評価

2018年07月15日

7/15、サンケイスポーツ30面より

度会 隆輝 (横浜高・外野手)
180cm・右投左打・動画

真夏の太陽に負けない輝きを、名門・横浜の背番号14が放った。「2番・左翼」で公式戦初出場の1年生、度会(動画)が2安打1得点。七回コールド発進の力となった。「1年生でこういう舞台に出させてもらって、光栄なこと。でも、きょうの結果じゃ満足できないです」。厳しく自己評価したが、活躍は目を見張るものだった。

第1打席は、無死二塁での二塁へのゴロが相手のエラーを誘って先制を演出。三回の第2打席には俊足を生かし、自身公式戦初安打となる二塁内野安打で出塁した。さらにチームが一挙7点を奪った六回の第4打席には、初球を捉えての右前打。4番・長南有航外野手の3ランをおぜん立てした。

スタンドで見守った父・博文さん(1993ヤクルト3位)はヤクルト内野手(現球団職員)だったサラブレッド。中学時代には佐倉シニアで日本一となり、U-15日本代表にも選出と、順調に成長してきた。伝統校を率いる平田徹監督も「天才的」と評する打撃技術を誇る。

佐倉シニア時代には、TBS系テレビ「炎の体育会TV」に父とともに出演。挑戦企画で巧みなバットコントロールを披露し、プロも成功していなかった「パーフェクト」を達成した。横浜OBでもあるヤクルト・斉藤宜之スカウトは「打撃センスがある。小学生の時から見ているが、順調にきているなという感じですね」と成長に目を細める。

序盤、横浜打線は逗子の極端な守備シフトや緩急を使った投球の前に、思うように得点を重ねられなかった。「ああいうシフトやスローボールを投げてくる高校はないと思っていた」と度会。強敵を何とかして破ろうと必死な相手の姿に戸惑いながらも、高校初めての夏を踏み出した。

現在3年の万波中正外野手や、2年の及川雅貴投手らも1年生のときから経験を積んできた。初陣に際し、そんな先輩からも言葉をもらっていた度会は「助かりました」と息をついた。新たな力も加わった名門。100回目の夏も神奈川、そして全国の主役は譲らない。

(7月14日 南神奈川大会2回戦 横浜 9-0 逗子)



度会君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:48│ │ヤクルト 
ドラフトニュース検索