ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

中日、田中法彦(菰野)に本気モードの4人態勢

2018年07月18日

7/18、中日スポーツ8面より

田中 法彦 (菰野高・投手)
173cm・右投右打・動画

今秋ドラフト候補が万全スタートだ。菰野の田中(動画)が初戦の先発マウンドに上がり、3イニングを1安打無失点。点差が開いたため、リリーフ陣に出番を譲ったが、直球は自己最速タイの150キロをマーク。アベレージで147キロに迫る球速を記録した。

「納得のいくボールがなかった。自己採点は20点。151キロを狙っていたので、次は出したい」。本人の評価は厳しいが、スコアボードのスピードガンの数字に球場はどよめいた。16球投げた直球は、最も遅くてもセットポジション時の143キロ。それ以外は全て145キロ以上だ。

172センチとドラフト候補としては小柄だが、直球の平均速度は高校離れしている、4番を打つ打撃でも、1回に左越えの2点適時二塁打。高校通算30本塁打のパワーを見せつけた。

田中の初戦をチェックしようと、ネット裏には4人態勢の地元・中日を筆頭に、10球団15人のスカウトが集結。中日・中田スカウトディレクターは「これだけコンスタントに球速が出る投手は全国的に見てもいない。打撃もいいし、持っている力は間違いなくいい。まだまだスピードも出そう」と高評価。

米村チーフスカウトも「7月初めに見た時より数段いい。テークバックがスムーズになって連動している。評価はさらに高くなった」と賛辞を並べた。

今春のセンバツで4強入りしたライバルの三重高が初戦で敗れた。田中は「何が起こるか分からないと身に染みた。1戦目から気を引き締めて入れた」と厳しい表情で話す。チームの目標と、自身のプロ入りへのアピールが懸かる甲子園。その切符をつかむまで、思い切り腕を振っていく。

(7月17日 三重大会2回戦 菰野 12-0 伊勢)



田中君のスカウト評はこちら

田中君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 10:41│ │中日 
ドラフトニュース検索