ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

怪物1年・西川僚祐(東海大相模)、ロッテが評価

2018年07月20日

7/20、サンケイスポーツ1面より

西川 僚祐 (東海大相模高・外野手)
186cm・右投右打・動画

気温34度。灼熱の保土ケ谷球場が一瞬どよめき、大歓声に変わった。三回一死一、二塁、カウント3-2。4番の西川(動画)が内角直球を振り抜いた打球は高々と舞い上がり、グングンと伸びた。両翼95メートルの外野芝生席を軽々と越え、白球は左翼後方に生い茂る木々の中に消えていった。

「チャンスだったので1本出したいという気持ちでバッターボックスに入りました。少し(バットの)先っぽでした。ポール際だったので、きれるかなと思ってみていました」。推定飛距離は120メートル。1メートル86、94キロ。背番号15の1年生が、4番に抜擢された試合で、公式戦初安打を豪快な場外3ランで決めた。

原2世の誕生だ。春夏4度の甲子園優勝を誇る名門校でも1年生の4番は異例。甘いマスクとダイナミックなスイングで入学時から注目を集め、1年時からレギュラーとして出場していた原氏も、1974年夏の甲子園は5番。中日・森野2軍打撃コーチや日本ハム・大田ら、プロにも多くの強打者を輩出してきた名門校からスーパー1年生が登場した。

群馬・健大高崎でプレーしていた兄・航平さんの背中を追いかけ、野球を始めた。佐倉シニアに所属していた中学3年時のジャイアンツカップでは流し打ちで東京ドームの右翼席に本塁打をほうり込んだこともあるというパワーの持ち主だ。関東の強豪校からいくつも入学の誘いがあったが、「甲子園に出場するなら」と東海大相模を選んだ。

同校の初戦となった2回戦は緊張を和らげるために代打で出場し、敬遠四球。6月の練習試合から4番で起用されることもあったが、公式戦はプレッシャーが違った。試合前に伝えられ、「1打席目は緊張しました」。一回は四球、三回の場外3ランに続き、五回には痛烈な中前打を放つなど、この日は2打数2安打2四球で3打点。

スタンドから熱視線を送っていたロッテ・永野チーフスカウトも「1年であれはすごい。軸回転で体が回っていて、お手本のような打撃。西武にいそうだね!」と中村や山川ら大砲に重ね合わせ、驚きの表情だ。

エンゼルス・大谷やヤクルト・山田哲らと同じく、大の甘党でグミやロールケーキが大好きと初々しさも見せる16歳。初めて経験する夏の暑さに「バテている部分もあります」と苦笑いを浮かべつつも、「試合に出ている以上は、しっかり仕事をしたい」と4番のプライドものぞかせた。

(7月19日 北神奈川大会3回戦 東海大相模 9-0 大和南)



西川君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:17│ │ロッテ 
ドラフトニュース検索