ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

広島、ドラフトは高校生遊撃手狙いというウワサ

2018年07月24日

7/24、日刊ゲンダイ26面より
広島の美間優槻ソフトバンクの曽根海成の交換トレードが22日、両球団から発表された。内野手の層を厚くしたい思惑が一致。補強期限の今月31日を迎える前に、交渉がまとまった。

広島の鈴木球団本部長は曽根の獲得について「肩と足と守備を備えている。二遊間に何かあった時にどこでも守れるし、外野もできる。戦力として考えたら、代走、守備固め。いざという時の捕手」と説明した。

同本部長が言うように、広島のウリである二塁・菊池、遊撃・田中の代わりがいないのが不安視されている。短期間なら正三塁手の西川を回してしのげても、長期離脱になると、二軍にもめぼしい選手は見当たらないという。

リーグ3連覇を狙い、首位を快走する広島。黄金時代に突入したようで実は、主力のFA流出危機を迎えている。今季、松山が国内FA権を取得。丸も取得予定となっている。順調なら来季中に菊池、2年後には田中が取る予定。広島の関係者がこう言う。

丸や松山が抜けるのはもちろん痛いが、外野手なら外国人選手らで穴埋めはできる。しかし、菊池と田中が流出したらチームが崩壊する、と球団の危機感は半端ないものがある。なぜかって、ドラフトで好投手の候補は毎年いるけど、将来的に二塁や遊撃でレギュラーを張れるような選手はなかなかいない。球団は2人がFA流出する事態に備え、次世代の二塁手、遊撃手の発掘に力を入れていくことで一致している。今年は報徳学園・小園(動画)や大阪桐蔭・根尾(動画)といった高校生遊撃手のスター候補が豊富です」

報徳学園はこの日、東兵庫大会4回戦で滝川二と対戦。ドラフト1位候補の小園(動画)は1-1の七回、バックスクリーンへ特大の勝ち越し2ランを放ち4-2。役者の違いを見せつけ、チームを8強へと導いた。二遊間補強の本命はこっちだろう。



小園君(報徳学園)のスカウト評はこちら

根尾君(大阪桐蔭)のスカウト評はこちら

draftkaigi at 08:25│ │広島 
ドラフトニュース検索