ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

鶴田克樹(下関国際)、MAX147キロで3安打完封

2018年07月28日

7/28、日刊スポーツ2面より

鶴田 克樹 (下関国際高・投手)
180cm・右投右打・動画

下関国際が04年岩国以来、14年ぶりとなる大会連覇で3季連続甲子園出場を果たした。4番・鶴田克樹投手(動画)が、1回1死一、二塁から左中間最深部への特大先制3ラン。投げても宇部鴻城打線を3安打に抑えて9奪三振。自己最速を更新する147キロもマークして完封した。

投打二刀流の活躍に「昨年は3年生に連れて行ってもらった。今年は自分で、という思いで投げていた」。坂原監督は「鶴田を中心によく守ってくれた。記念の100回大会で甲子園に行こうと声をかけた3年生がやってくれた」と声を弾ませた。

(7月27日 山口大会決勝 下関国際 5-0 宇部鴻城)



鶴田君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:25│ │高校 
ドラフトニュース検索