ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

ドラ1候補・根尾昂を巡る慶応と大阪桐蔭の因縁

2018年08月01日

8/1、日刊ゲンダイ31面より 

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画

30日、全56代表が出揃った。北神奈川大会決勝は、慶応が桐光学園を破り優勝。春夏連続、夏は10年ぶり18度目の甲子園出場を決めた。北大阪大会ではプロ注目の二刀流・根尾(動画)を擁する今春センバツ王者の大阪桐蔭が、大阪大会決勝の新記録となる23得点で圧勝。2年連続10度目の出場を決め、史上初となる2度目の春夏連覇を目指す。

しんがりに出場を決めたこの2校、実は因縁がある。岐阜の高校野球関係者がこう明かす。

「根尾は中学時代、岐阜・飛騨高山ボーイズで投手として最速146キロ。日本代表でもあって、当然、大争奪戦です。医者の息子で成績優秀。最終的に進学先は慶応が有力だったが、根尾自身、将来の進路をプロ一本に絞ったことで、大阪桐蔭入学を決意した経緯があります」

根尾は言わずと知れた今秋のドラフト1位候補。慶応の関係者は、じだんだを踏んだに違いない。逃がした魚は大きかったが、今夏は北神奈川の準決勝でセンバツ4強の東海大相模を7-4で撃破。この日も7-5と打ち勝った打線にあって、右翼席へ貴重な2ランを放った1番・遊撃・宮尾ら、U15日本代表クラスも多い。

春は初戦で彦根東(滋賀)に敗れたが、102年ぶりの全国制覇へ、台風の目になる可能性もある。 


 
根尾君のスカウト評はこちら

根尾君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:03│ │高校 
ドラフトニュース検索