ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

2018夏の甲子園展望とプロ注目選手(中スポの見解)

2018年08月03日

8/3、中日スポーツ6面「展望」より
史上初となる2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭を、春準優勝の智弁和歌山や夏連覇が懸かる花咲徳栄、昨夏準優勝の広陵、センバツ8強の創成館、タレント揃いの横浜が追いかける。星稜、前橋育英も侮れない。

ドラフト1位候補の根尾(スカウト評)藤原(スカウト評)ら好選手がそろう大阪桐蔭は、一昨年の覇者・作新学院との初戦に勝てば波に乗れるだろう。花咲徳栄横浜はともに初戦を勝ち上れば、2回戦で激突する。

浦和学院-仙台育英は屈指の好カード。初戦に勝てば春夏通算100勝の大台に到達する龍谷大平安や、第1回大会から出場している鳴門の戦いぶりにも注目したい。

選手では、投手なら最速150キロの金足農・吉田(スカウト評)浦和学院の190センチ右腕・渡辺(スカウト評)、投打でプロ注目の花咲徳栄・野村(スカウト評)中央学院・大谷(スカウト評)山梨学院・垣越(スカウト評)横浜・及川(スカウト評)星稜・奥川(スカウト評)が目立つ。

野手なら、高校ナンバー1遊撃手の呼び声が高い報徳学園・小園(スカウト評)をはじめ、智弁和歌山のスラッガー・林(スカウト評)、岡山大会で5試合連続本塁打の大会記録を打ち立てた創志学園・金山、静岡大会で打率.818を記録した常葉大菊川・奈良間、身体能力抜群の横浜・万波(スカウト評)らが目を引く。



高校野球の予想が好きな方は夏の甲子園予想コンテスト
(8月5日午前10時締切です。お早めに・・・)

draftkaigi at 08:01│ │甲子園大会展望 
ドラフトニュース検索