ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

選手会、現役ドラフトの実施を要望

2018年08月03日

8/3、日刊スポーツ4面より
労組プロ野球選手会と日本野球機構(NPB)は2日、都内で事務折衝を行い、選手会は「現役ドラフトを最優先に協議したい」と伝えた。「現役ドラフト」とは、出場機会が少ない選手が他球団への移籍で出場機会を増やす制度。NPB側も話し合いを続けることに同意した。

選手会は7月のオールスター期間中に臨時大会を開き、構造改革ビジョンを打ち出した。重点事項が移籍を活性化させる現役ドラフト。森忠仁事務局長は「(90年代の)セレクション会議が実際機能しなかったのは何でかを考えると、プロテクト(獲得できない選手)の人数と認識している。話し合いはしてくれそう。実のあるものにしていければ」と話した。

NPB側は調査、議論の継続を約束した。選手関係委員長の谷本修氏(阪神副社長)は「具体案があれば出してほしいと要望した。選抜会議がなぜ休止状態なのか実行委員会で議論しないと」。まずは過去の事例を研究した上で、プロテクトや移籍選手の対象を協議していく方向となった。

プロ野球では、過去にも移籍活性化を目指した制度が存在した。野球協約第14章には「選抜会議」が定められ、実際に70~72年に行われた。後に大洋で活躍した左腕、佐藤政夫は巨人からロッテに移籍している。

また、90年には「セレクション会議」が行われ、島田誠(日本ハム)と坂口千仙(ダイエー)など3件のトレードが成立。翌91年にも角盈男(日本ハム)と小川淳司(ヤクルト)が移籍している。同会議は98年ごろまで非公開ながら開催された形跡が見られるが、近年は休眠状態となっている



2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら

draftkaigi at 09:48│
ドラフトニュース検索