ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

2018夏の甲子園、プロ注目の投手(スポニチ)

2018年08月05日

8/5、スポーツニッポン8面より
投手で地方大会から大きな注目を集めたのが金足農の150キロ右腕・吉田(動画)だ。侍ジャパンU-18代表候補にも選出された本格派で、秋田大会では自己最速を3キロ更新。全5試合を一人で投げ抜き、43回で57三振を奪取した。速球を主体に緩急で打者をほんろうする。

夏連覇を狙う花咲徳栄の野村(動画)は、昨夏は野手として全国制覇に貢献した。今夏は背番号1を背負い、二刀流に挑戦。エースで4番の重責を担いながら、チームで最多の5試合31回を投げ4失点。決勝の上尾戦では1失点完投と、投手としても高い能力を見せつけた。

野村以外にもエースで4番が多く、木更津総合の右腕・野尻(動画)は東千葉大会決勝で完投。甲子園から背番号1を背負うことになった。中央学院の大谷(動画)はセンバツで一躍全国区に。大会直前の練習試合中、頭部に打球を受けて頭蓋骨骨折の重傷を負ったがなんとか間に合わせ、再び聖地に帰ってきた。

浦和学院のプロ注目右腕・渡辺(動画)は春の故障の影響で背番号は11ながら、190センチ、90キロの恵まれた体格が目を引く。南埼玉大会は準決勝、決勝で先発するまでに復活し、5年ぶりの甲子園に導いた。

U-18代表候補の創成館のエース左腕・川原(動画)は、センバツに出場した春から順調に成長してきた。185センチの長身から投げ下ろす角度のある直球が武器。チームは長崎大会2回戦から準々決勝まで全て継投も、決勝で川原が1失点完投。経験豊富な主戦として甲子園でも好投が期待できる。

2年生にも好投手がそろう。横浜の左腕・及川(動画)は最速152キロ。南神奈川大会ではエース板川に次いで2番目に多い13回1/3を投げ、二枚看板に成長した。創志学園・西(動画)は最速150キロを誇る本格派。星稜・奥川(動画)も球に力がある好素材だ。



2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら

draftkaigi at 07:02│ │甲子園大会展望 
ドラフトニュース検索