ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

2018夏の甲子園、プロ注目の打者(日刊スポーツ)

2018年08月05日

8/5、日刊スポーツ6面「注目の打者」より
今秋ドラフト1位候補のビッグ3に注目が集まる。報徳学園の小園遊撃手(動画)大阪桐蔭・藤原外野手(動画)は、走攻守3拍子そろった超高校級野手。二刀流の大阪桐蔭・根尾遊撃手(動画)は、投打でアマチュア屈指のポテンシャルの高さを発揮する。

ビッグ3と同じ左打者に大砲もそろった。智弁和歌山・林三塁手(動画)は高校通算49本塁打の長距離砲。星稜の南保三塁手は決勝戦の3発を含む通算5発で、松井秀喜(元ヤンキース)超えの石川大会新記録を作った。折尾愛真の野元一塁手(動画)は地方大会6発を放った。

同じ左打者では、中央学院の二刀流・大谷投手(動画)浦和学院の蛭間外野手(動画)は強打とともに地方大会9盗塁で俊足も武器。聖光学院の矢吹二塁手(動画)慶応の宮尾遊撃手は巧打が光る。

右打者には、経験豊富な選手がそろった。高校通算56発の花咲徳栄の野村投手(動画)、超高校級の飛距離を誇る横浜の万波外野手(動画)は昨夏も主軸で出場。前橋育英の小池捕手は昨夏の甲子園で2発を放ち、日大三の日置遊撃手(動画)は今春センバツで本塁打を放った。

常葉大菊川の奈良間遊撃手は、静岡大会で驚異の打率.818をマークした。今大会は1年生も注目を集めそうで、山梨学院・栗田捕手二松学舎大付の山田捕手花咲徳栄・井上外野手星稜の内山内野手らがスタメンに名を連ねる。



2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら

draftkaigi at 07:25│ │甲子園大会展望 
ドラフトニュース検索