ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

篠田怜汰(羽黒)、ヤクルト「楽しみな1人」

2018年08月11日

8/11、サンケイスポーツ2面より

篠田 怜汰 (羽黒高・投手)
178cm・右投右打・動画

涙をぬぐい、甲子園の土は持ち帰らなかった。羽黒の2年生右腕・篠田は8回2/3、146球の熱投も奈良大付に敗れた。

「初回は球が走っていなくて、2ストライクを取りながら甘く入った真っすぐを打たれた。(五回の)本塁打はスプリットが中に入って打たれた。先輩に申し訳ない」。背番号11で抑えだった山形大会から、甲子園では1を背にして先発。最速145キロをマークも、12安打4失点。反省するばかりだった。

東京・千寿桜堤中時代は荒川シニアで遊撃手兼投手も、卒団前に両腕を骨折。羽黒入学後に投球を再開した当時、球速は130キロ程度だった。豪雪の冬に体育館で走り込み、球速は140キロを超えた。着々と成長し、聖地のマウンドに立った。

1メートル78、70キロの篠田を視察したヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「球速も出るし、もっと体が大きくなる来年には変化球の精度も上がるはず。楽しみな1人」と評価した。

今大会、2001年度生まれの2年生投手は創志学園・西、星稜・奥川ら逸材ぞろい。敗れはしたが、篠田も来年のドラフト上位候補の新世紀世代リストに仲間入りした。

(8月10日 夏の甲子園1回戦 奈良大付 4-1 羽黒)


draftkaigi at 07:03│ │ヤクルト 
ドラフトニュース検索