ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

井上広輝(日大三)2年生で史上5人目の150キロ突破

2018年08月16日

8/16、デイリースポーツ7面より

井上 広輝 (日大三高・投手)
180cm・右投右打・動画

日大三(西東京)が全国制覇した2011年以来7年ぶりの16強進出を決めた。東京勢は春夏通算300勝。右肘を痛めた影響で今夏初登板の2年生右腕・井上広輝投手(動画)が先発で3回を無安打に抑え、自己最速の150キロをマーク。2年生では史上5人目の甲子園での大台突破だった。

復活の舞台で、いきなり大台を叩きだした。聖地のスコアボードに躍った150キロの表示。井上は確かな手応えをかみしめた。7年ぶりVへ、スーパー2年生が帰ってきた。

「緊張よりも楽しんで投げようと思いました」。今春センバツの由利工戦で甲子園デビューし、147キロを計測。注目の2年生右腕として話題を呼んだ。しかし4月末の都大会準決勝・早実戦で右肘に違和感を訴え、今夏は登板機会がなかった。

この日は約3カ月ぶりのマウンドとなった井上だが、不安どころか進化した姿を見せた。二回、植村の5球目に150キロを計測。当初の予定通り3イニングを打者10人に対して無安打、2四球。47球で退け、2番手・河村にバトンを渡した。

ケガの功名だ。6月中旬までボールを握れなかったが、代わりにランニングやウエートトレーニングに集中して取り組んだ。下半身は一回り大きくなり、体重は故障時の73キロから78キロに。その結果、大台への扉が開いた。「自分の中ではまだ(球速が)出ると思います。今7~8割の力なのでベストならあと2、3キロは出ると思う」と自信を身につけた。

右腕のカムバックに小倉全由監督も「井上も投げられるし、これで(起用法の)幅が広がった」とうなずいた。必要なピースが加わり、頂点へさらに加速する。

(8月15日 夏の甲子園2回戦 日大三 8-4 奈良大付)


下は1980年以降の夏の甲子園で150キロ以上をマークした高校2年生です。
 155キロ 安楽智大(済美) 2013年
 150キロ 田中将大(駒大苫小牧) 2005年
 150キロ 大谷翔平(花巻東) 2011年
 150キロ 奥川恭伸(星稜) 2018年
 150キロ 井上広輝(日大三) 2018年



井上君のスカウト評はこちら

井上君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 09:53│ │高校 
ドラフトニュース検索