ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

吉川(パナソニック)プロ拒否、メジャー挑戦決定的

2018年08月17日

8/17、スポーツ報知4面より 

吉川 峻平 (パナソニック・投手)
183cm・右投右打・動画

今秋ドラフト1位候補、パナソニックの吉川峻平投手(動画)来年から米大リーグに挑戦し、ダイヤモンドバックス入りが決定的になったことが16日、分かった。マイナー契約とみられる。ドラフト1位候補の社会人投手がNPBを経ずに米大リーグ入りすれば、2008年に新日本石油ENEOS(現JX-ENEOS)からRソックス入りした田沢純一(現エンゼルス)以来2人目となる。

吉川は最速148キロの直球とシンカーが武器の右腕。昨年の都市対抗や日本選手権で活躍し、ドラフト解禁の今季は1位候補に挙がっていた。関係者の話を総合すると、関大4年で日米大学選手権代表になった頃から米大リーグに憧れを抱いたという。吉川も「将来的にはメジャーに挑戦したい」と希望を明かしていた。

昨年からダ軍GMら関係者が試合を視察。吉川は今春、「直接、アメリカに行って(選手の)ピークを向こうで迎えたい」とNPBを経ずに渡米する意向をパナソニック側に伝えた。同社も「本人の人生だから」と意思を尊重した。

アマ選手がドラフト指名を拒否して海外球団と契約した際は、高卒なら3年間、大卒と社会人選手なら2年間はNPB球団と契約できないという申し合わせ(田沢ルール)が適用される見込みだ。吉川は18日からジャカルタでのアジア大会(26日~9月1日)の代表合宿に参加し、9月3日に帰国予定。ダ軍と正式契約を結んだ後、9月上旬にも会見を開く。



吉川君のスカウト評はこちら

吉川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01│ │社会人 
ドラフトニュース検索