ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

丸佳浩(広島)FA権取得、松田オーナー慰留を明言

2018年08月18日

8/18、サンケイスポーツ6面より

2007広島(高校)ドラフト3巡目 丸佳浩
千葉経大付高・外野手・18歳

広島・丸佳浩外野手(2007広島3巡目)が17日、出場登録日数が8年に達し、国内フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。この日はDeNA戦に3番・中堅で出場し、五回に26号2ラン。松田元オーナーは異例の慰留宣言を行った。試合は5-7で敗れ、ヤクルトに自力優勝の可能性が復活。優勝マジックは2日で消滅した。

菊池の二塁打で一時勝ち越した直後の五回二死二塁。広島・丸が一発でとらえた打球は、右翼席ほぼ最前列へと飛び込んだ。26号2ランで一度は突き放したが、終盤に逆転され、試合後は「3巡目になって、甘い球を1球で仕留められた」と淡々と振り返った。

この日、出場登録日数が8年に達し、国内FA権の資格取得条件を満たした。「FA権を取れるところまでやれるかは分からなかった。取れたので、ここまでやってこられたんだなと」としみじみ。一方、権利行使については「何も考えていない」と語るにとどめた。

即座に反応したのが松田オーナーだ。「背中で引っ張って、チームの核になっているのが大きい。当然、最大限引き留めないといけない」と異例の慰留を明言した。

これまで江藤(巨人)、金本(阪神)、新井(阪神→広島復帰)らがFA宣言して球団を離れた。去る者は追わないのがカープの基本姿勢。だが、3連覇の原動力としてチームを引っ張る男となれば、話は別だ。



下は2007高校ドラフトで広島が指名した選手です。丸佳浩は3巡目指名入団。プロでの成績はこちら


広島の2007高校ドラフト指名選手
1巡目安部 友裕福岡工大城東高内野手
2巡目指名権なし
3巡目丸 佳浩千葉経大付高外野手
4巡目中村 憲京都すばる高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:15│ │広島 
ドラフトニュース検索