ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

根尾昂(大阪桐蔭)プロ志望表明、「遊撃手で勝負」

2018年08月22日

8/22、サンケイスポーツ3面より 

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画

九回二死。金足農の最後の打者、菊地彪の打球が大阪桐蔭の右翼・青地の前にフワリと上がる。昨春、今年の選抜に続く3度目の歓喜の瞬間を、根尾(動画)はこれまでのマウンドではなく、遊撃のポジションで迎えた。「青地が捕る前にマウンドに向かっていました。シンプルにむちゃくちゃうれしかった」

3度目の頂点の味は格別だった。「1回目は先輩たちに達成させてもらった。2回目は、今年も勝てたとホッとした」と振り返り「今回はどの相手も捨て身で向かってくる中、チーム全員の力で勝ち切った」と満足そうな笑みを浮かべた。

決勝のマウンドでは出番がなかった。「投げたい気持ちはあったが(先発の)柿木が頼もしかった」。その分、打撃で魅せた。五回無死一塁で大会屈指の好投手、吉田の140キロ直球をバックスクリーンにたたき込み、この回一挙6点の猛攻に火を付けた。「球の勢いに押されていたが、1本打てて良かった」とほおを緩めた。

今大会は通算21打数9安打で打率・429、3本塁打、5打点。投げても2試合に先発し、自己最速タイの148キロと鋭い変化球でチームを勝利に導いた。

昨年、新チームが発足するにあたり、当時の3年生が主将に推したのは勉強も野球もできる超優等生の根尾だった。しかし、本人は西谷監督に「僕はサポート役の方が向いています」と申し出て、副主将を買って出た。何かといえば主将の中川を盛り立て、周囲からの注目度とは裏腹に縁の下の力持ちとしてフル回転。お立ち台でも中川に寄り添うようにして、上がった。

超高校級のスターは今後について「プロ野球に入りたい」と明言。二刀流については「両方やってきましたが、ショートかなというのはある」野手として勝負する思いを口にした。スーパー高校生のプロ野球編が今から楽しみだ。

(8月21日 夏の甲子園決勝 大阪桐蔭 13-2 金足農)



根尾君のスカウト評はこちら

根尾君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:07│ │プロ志望届 
ドラフトニュース検索