ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

吉田輝星(金足農)、ドラフト指名へプロ大攻勢

2018年08月23日

8/23、日刊ゲンダイ終面より

吉田 輝星 (金足農高・投手)
176cm・右投右打・動画

試合終了のサイレンが鳴った瞬間、とめどなく涙がこぼれた。 「まったく歯が立たなかった。疲れがたまっていて、決して万全ではなかった」。21日の大阪桐蔭との決勝戦。準決勝まで749球を投げていた金足農の右腕・吉田輝星(動画)が、刀折れ矢尽きた。報道陣に囲まれると悔しそうな表情を浮かべながら、しかし、ハッキリとした口調で試合を振り返った。

四回に大会6試合目にして初被弾で3失点。その時点で吉田は「足が動かなくなった」という。五回に大阪桐蔭の猛攻を受け、「もう投げられない」とマウンドを降りた。5回を投げて12安打12失点。「金足農旋風」を起こし、予選から1517球を投げ抜いた剛腕の夏は、大敗という形で幕を閉じた。

そんな吉田は今後、どんな進路を歩むのか。本人は「まったく考えていない。野球はやりたいと思う」と明言を避けたが、周辺では大学進学説が有力視されていた。地元マスコミ関係者がこう言った。

「秋田県予選の前、金足農の中泉監督はプロ球団の東北地区担当スカウトに、卒業後は八戸学院大に進学すると説明していた。吉田は2年生のころから、同大の正村監督に教えてもらっていて、その結果、投手として成長した経緯がある。中泉監督にしてみれば世話になった義理もあるし、吉田をさらに優れた投手に育ててもらいたいという思いもあるのでしょう。

裏である球団が『意中球団以外からドラフト指名されたら進学』という青写真を描いているとのウワサもありますが、それはともかく、本人も周囲も甲子園大会が始まる前の時点で、まさかここまで活躍するとは思ってもみなかったのでしょう。けれども、甲子園で大活躍した以上、仮に進学と言われたところで、これだけの逸材をプロが指をくわえて見ているはずがありません」


実際、甲子園で結果を出したことで、プロの評価はうなぎ上り。在京球団のスカウトはこう話す。

「176センチと大きくはないが、予選からひとりで投げ続けたスタミナはもちろん、中学時代から毎日4キロを走り込んできたという太ももは丸太のよう。下半身がしっかりして粘りがあるから、ストレートに伸びがあり、低めへの制球も安定している。打撃を見ても、しっかりと下半身を使ってスイングしているのは体が強い証拠です。準決勝の日大三戦で、牽制を3度入れた直後に、超高速クイックで空振り三振を奪ってピンチをしのいだように、野球頭もいい」

某セ球団のスカウトもこう言った。

「実力もさることながら、今回の活躍によって1位指名はもちろん、複数球団の競合になる可能性は高い。ルックスはいいし、強敵相手に立ち向かった悲劇のエースとして判官びいきの日本人気質にも合う。取材対応もしっかりしていて、マスコミ受けもいいと聞く。人気、話題性を加味すれば、来春のキャンプでは大阪桐蔭の根尾や藤原をしのぐ注目を集めるでしょう」

ネット裏のスカウトたちが「複数球団の1位指名は確実」と太鼓判を押したことで、周辺の「進学説」は吹き飛ぶのではないか。「吉田はもともと、プロ志向が強いと聞いています」と、前出のマスコミ関係者がこう続ける。

「本人は以前から『プロでやりたい』と話していました。けれども、高校を出ていきなりプロで勝負するだけの自信を持てなかったのです。秋田では評判の好投手でしたが、全国大会の実績があるわけではないし、吉田のプロ志向を耳にした周囲は笑っていたほど。本人も周囲も大学で4年間、力をつけ、だれもが認める投手になったら、プロに挑戦すればいいと考えていた。しかし、ドラフト1位指名が間違いないとなれば、事情も変わりますよ。今回の活躍によって実力は証明されたわけだし、本人もプロでやっていく自信がついたのではないでしょうか」

ドラフト1位指名されるだけの実力があり、なおかつプロで勝負する意思が強ければ、進学は確実に遠回りになる。早実時代に夏の甲子園の優勝投手になりながら早大に進学した斎藤佑樹(現日本ハム)がいい例だ。前出の在京球団のスカウトがこう言った。

「吉田は9月に宮崎で行われるU-18アジア選手権の日本代表に選出された。プロ入りが確実視される大阪桐蔭の藤原や根尾とチームメートになるわけで、彼らに刺激されて気持ちが大きく変化する可能性が高い。それでも周囲の思惑もあって意思が変わらないようであれば、金足農野球部元監督の嶋崎久美さんを突破口にしようと考えているスカウトもいる。金足農野球部OBである吉田の父親も中泉監督も嶋崎さんの教え子。吉田の進路には大きな影響力がありますから。中には秋田市内の役場に勤務する父親に直接、アタックする球団もあると聞いています」

かくして「進学説」が濃厚だった吉田に対するプロ側の大攻勢が始まろうとしている・・・。



吉田君のスカウト評はこちら

吉田君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:03│ │高校 
ドラフトニュース検索