ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

吉田輝星(金足農)、日ハム・DeNAらプロ評価一変

2018年08月23日

8/23、夕刊フジ終面より

吉田 輝星 (金足農高・投手)
176cm・右投右打・動画

(前半略)
大会前までは「進学」が濃厚だった。2年生のころから青森県の八戸学院大学(北東北大学リーグ)の正村公弘監督の指導を受けて成長した恩義から、同大への進学が鉄板視されていた。プロ側の反応も「プロ志望届さえ出してくれれば、ほしいんだけど・・・」(某球団幹部スカウト)という程度だった。

しかし、今大会の急成長で目の色が変った。別のスカウトは「言っては悪いが、東京六大学や東都の強豪ならまだしも、北東北大学リーグは吉田の力量を磨くのに適したレベルではない。本人も今大会の活躍で、プロでやれる自信をつかんだと思う」と断言する。

日本ハムの山田スカウト顧問は吉田を「文句なしの大会ナンバーワン」と最大級に評価。

「真っすぐは現時点で最速150キロだが、もっとスピードは伸びるだろう。打者の手前でホップするような球の質が素晴らしい。制球力と変化球もまとまっているし、フィールディング、牽制の技術も高い。全体的なパッケージで見て今年の高校生では1番。(ドラフト会議では)1位で消える」
と断言した。

横浜DeNAの吉田スカウト部長兼GM補佐は「走者のあるなしや、相手打者の力量をみて力が加減できる。先発投手として必要な能力を備えている」とほれこむ。

同じ秋田県出身(秋田工OB)で元中日監督の落合博満氏も「1人で6試合投げてバテバテだっただろう。12点取られても評価が下がるわけではない。見た中ではドラフト1位。オレが監督なら(獲得に)いく。一級品の投手ですよ」と絶賛。吉田をめぐる状況はプロへ加速しているようにもみえる。

吉田の父、正樹さんはこの日、「進路について話すのは控えさせてもらっています」と口をつぐんだが、12日には本紙の取材に「(吉田の幼少の頃からの)夢はプロ野球選手」、「楽天の則本昂大投手に憧れているみたいです」と明かし、「親としては、近くの球団だと(応援に)行きやすいので助かりますけどね」と地元の楽天に好感を抱いていることを示唆した。

また、本人に海を渡る意思を問うと、「メジャー? メジャーリーグですか? それはわからないですね・・・」と目を丸くしたが、もはや大リーグから声がかかってもおかしくないレベルだ。

ちなみに、遊撃手を中心に投手、外野手もこなす“多刀流”の根尾はこの日、「プロ野球に入りたい。両方やってきましたが、ショートかなというのはある」と野手一本に絞る意向を示した。岐阜県出身だけに早くも中日が1位指名候補としてリストアップ。

大阪桐蔭で4番を張った藤原恭大外野手も複数球団から高い評価を受けており、「上の世界でやりたい。トリプルスリーが目標」とぶち上げた。

吉田は「第12回U18アジア野球選手権大会」(9月=宮崎)に出場する高校日本代表に根尾、藤原、柿木らとともに選出された。「日の丸を背負って戦いたいと思っていた」という吉田は、大阪桐蔭勢と今度はチームメートとして過ごし語り合う中で、プロへの思いを新たにするかもしれない。



吉田君のスカウト評はこちら

吉田君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 10:36│ │横浜DeNA | 日本ハム
ドラフトニュース検索