ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

高校日本代表VS大学日本代表、はやくもチケット完売

2018年08月25日

8/25、サンケイスポーツ5面より
甲子園から神宮へ。西日本で発生した熱気は、確実に東日本にも達していることが証明された。高校日本代表が戦う壮行試合について、主催者は「チケットはすべての席種が完売いたしました。また、当日券の発売予定はありません」とのプレスリリースを出した。

神宮球場の収容人数は3万人余り。これがほぼ満員になることが確実になった。同代表は2016年8月27日にも、同じくU18アジア選手権を前に大学日本代表と対戦。千葉・QVOマリン(現ZOZOマリン)での試合には2万590人が集まったが、前売りで完売することはなかった。

21日まで開催された夏の甲子園は、総入場者数が史上初めて100万人を突破。空前のフィーバーを巻き起こしたヒーローがそろうとあれば、興味が集まるのも当然だ。2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭からは強肩強打の外野手・藤原(動画)、遊撃手と投手の二刀流で活躍した根尾(動画)、今大会最速の151キロを出した右腕・柿木(動画)ら5人が代表入り。好打者の報徳学園・小園(動画)らも名を連ねる。

そして最大の注目は準優勝した金足農のエース右腕、吉田(動画)だ。最速150キロの速球に加え、落ち着いたマウンドさばきで、6試合で50回を投げて62奪三振。控え選手との交代は1度もなく、9人だけで大会を戦い抜いた金足農ナインの中心として、さわやかな笑顔で日本中の注目を集めた。

高校時代の吉田らを生で見ることができる数少ないチャンス。大学日本代表にも今秋のドラフト指名候補がそろう。貴重な機会を逃すまいと、前売り券に殺到した。

大阪桐蔭の選手はこの日、学校のある大東市の市役所を表敬訪問。チケットの完売を伝え聞いた藤原は「えーっ、すごいですね」と目を丸くしつつ「そういう(満員の)お客さんの中でも、自分のプレーをしたいです」と決意を示した。日の丸を身につける若武者に、熱い視線が注がれる。



高校日本代表18人はこちら

2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら


draftkaigi at 07:00│ │高校 | 大学
ドラフトニュース検索