ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

アマ球界に激震、吉川峻平のメジャー挑戦問題

2018年08月25日

8/25、スポーツニッポン5面より 

吉川 峻平 (パナソニック・投手)
183cm・右投右打・動画

今秋のドラフト1位候補に挙がった社会人野球・パナソニックの吉川峻平投手(動画)が、日本野球連盟(JABA)の登録規定に抵触していたと、24日に所属先が発表した。プロ球団と契約締結に必要な手続きを踏まず、大リーグのダイヤモンドバックスと入団契約書を交わしていたと公表。契約はマイナー契約で、米球界関係者によると契約金65万ドル(約7200万円)で8月10日に交わされたという。

パナソニック野球部の公式サイトでの発表によると、吉川はJABAの登録規定に2カ所抵触していた。規定では、ドラフト会議開催日から翌年都市対抗終了日までの期間、プロ球団と交渉することはできないが、吉川は都市対抗前にダイヤモンドバックスと接触。

さらに、契約を締結する場合は締結日以前に退部し、登録抹消届を提出することが義務づけられているが、提出前に交わした書類が正式な入団契約書だったという。


吉川についてはメジャー挑戦する意向との一部報道が出た16日、同社関係者が「(先方と)契約を結ぶ意向です」と話していた。契約は10日に交わされたが、吉川本人や報告を受けていた部長、さらにはダ軍側も、これらの行為が規定に抵触すると知らなかったという。

同野球部は吉川にこれまでの経緯を確認。23日付でJABAに報告し、吉川は日本代表に選出されていたジャカルタ・アジア大会の出場を辞退した。

13年には、社会人クラブチームの「エディオン愛工大OB BLITZ」に在籍していた沼田拓巳投手(現ヤクルト)が登録抹消前にドジャースとマイナー契約を結び、除名処分となっている。吉川は「社会人No.1」の呼び声が高いドラフト1位候補だけに、アマ球界関係者は「大問題」とも話している。

吉川と野球部の部長は、今後活動を自粛する。同部はホームページ上に「多大なるご迷惑をお掛けしたことを深く反省し、おわび申し上げる」とのコメントを掲載。広報担当は「ざんきに堪えない恥ずかしい話」などと話した。

今後はJABAの判断を待って対応を協議していくが、関係者によれば、ダ軍との契約が正当なものかを確かめる国際弁護士を交えた協議に発展する可能性もあるといい、波紋を広げそうだ。



吉川君のスカウト評はこちら

吉川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:09│ │社会人 
ドラフトニュース検索