ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

柿木蓮(大阪桐蔭)、ドラフト3位まで評価上昇

2018年08月26日

8/26、日刊ゲンダイ36面より

柿木 蓮 (大阪桐蔭高・投手)
183cm・右投右打・動画

史上初の2度目の甲子園春夏連覇を果たした大阪桐蔭(北大阪)の優勝報告会が24日、大阪府大東市の同校で行われた。付属中学、高校の生徒ら約1600人に迎えられたナインはその後、大東市役所と大阪府庁を訪問。大会前に優勝を約束した松井府知事に「有言実行で素晴らしい」とねぎらわれた。

引っ張りダコのナインにあって、特に忙しいのはエースの柿木蓮(動画)だ。前日は地元の佐賀県多久市長を表敬訪問。大阪にとんぼ帰りしていた。最強校の背番号1を背負いながら、これまで根尾、藤原の1位候補の陰に隠れ、あまり目立たなかった。実際、センバツ決勝の智弁和歌山戦や北大阪大会準決勝の履正社戦など、強敵相手には必ず根尾が先発してきた。

それが、今夏の甲子園は6試合全てに登板。今大会最速の151キロをマークし、準決勝、決勝を含む3試合で完投した。「大事な試合はずっと根尾だった。エースとして自分が投げたかった」と西谷監督に決勝の先発を直訴。2試合に先発した「二刀流」根尾から「エース」の座を奪還し、自力でプロの評価を上げることに成功した。

パ・リーグの某スカウトがこう言う。

「正直言って直球にスピンが利いていないのと、決め球になるような変化球がないことが1位候補でない理由。もともと下位の評価だったけど、この夏に150キロを超えてきたし、見方を変える球団も出てきている。あの根尾からエースを奪い返したのだから、3位で指名する球団があるかもしれません」

柿木は根尾、藤原、小泉、中川と共にU18日本代表合宿に合流する。アジア選手権でさらに評価を上げるチャンスは残されている。



柿木君のスカウト評は
こちら

柿木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:03│ │高校 
ドラフトニュース検索