ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

高橋優貴(八戸学院大)に10球団、DeNAが高評価

2018年08月26日

8/26、日刊スポーツwebsiteより (source)

高橋 優貴 (八戸学院大・投手)
178cm・左投左打・動画

八戸学院大(青森)のプロ注目左腕、高橋優貴(動画)はプロ10球団24人のスカウトの前でまずまずの投球を見せた。最速152キロの直球は144キロ止まりだったが、積極的に内角を突く投球で8回9安打8奪三振2失点と粘り、開幕戦を勝利で飾った。

自分に注がれる視線を感じながら、高橋は思い切り左腕を振った。強気に内角をえぐって、最後に必殺スライダーを投じれば、相手のバットはかすりもしない。大学ラストシーズンを迎えたプロ注目左腕は堂々と8回2失点に抑え、好発進を決めた。「絶対にプロに行くという気持ちでやっている。まずは優勝すること。全勝で勝つ」。みなぎる力が今までとは違う。

勝つために「剛腕」を捨てた。今までは最速152キロの直球で押しまくる投球が軸だったが、今春からは制球を重視する。この日、DeNA河原隆一スカウトのスピードガンでは最速144キロを計測。かつての剛速球をセーブし、今夏から内角を突きまくる新境地を、プロ10球団24人のスカウトの前で披露した。

高橋は「今までは内角にしっかり投げきれなかった。いいボールは春以上にあった」と胸を張った。河原スカウトも「今日は抑えている。短いイニングなら、もっと爆発的に強い球を投げられる」と高橋の高い潜在能力を評価した。

今春は1勝すれば在学中初の優勝だったが、宿敵富士大との直接対決に3連敗してリーグタイ記録の9連覇を許してしまった。「自分たちには勝ちたいという気持ちが足りなかった。富士大さんの方が上だった」。この日は2回と7回の無死満塁のピンチを硬軟自在の投球で切り抜け、精神的な面での成長をのぞかせた。

「速ければ抑えられるものでもない。コントロールも大事」。球速でも、三振でもない。己のスタイルを変えてでも、つかみ取りたいのが悲願の優勝だ。

(8月25日 北東北大学野球 八戸学院大 6-3 青森中央学院大)



高橋君のスカウト評はこちら

高橋君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 14:31│ │横浜DeNA 
ドラフトニュース検索