ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

海老原一佳(BCリーグ富山)、スカウトも力に注目

2018年08月29日

サンケイスポーツ23面より

海老原一佳 (富山GRNサンダーバーズ・外野手)
189cm・右投左打・動画

母方の祖父が米国人というクオーターの海老原一佳(動画)。189センチの長身で、力強い上半身が目を引く。魅力は左打席からのフルスイング。強打者がそろった富山で、新人ながら4番打者に座り、ここまで打率.329、9本塁打、29打点(26日現在)をマーク。NPBのスカウトもその力に注目している。

「自分自身のアピールポイントは振る力。富山でいろいろな指導を受け、成長できている実感があります」。

小学生の頃から「周囲の子に比べ、体が一回り大きかった」という。創価高では3年夏の2013年に5番・中堅として西東京大会でベスト4に進出。東京新大学リーグの創価大でも1年春からベンチ入り。4年春(17年)のリーグ戦で2本塁打を放ち、中軸で活躍した。

「卒業後に社会人チームに進みたかったが、行けなかった。それでBCLを紹介してもらいました。結果を出せば上(NPB)にも行けると考えました」。

憧れは高橋由伸(巨人監督)。だが富山に入団後、試練が待っていた。5月に試合中のクロスプレーが原因で右膝を故障。6月中旬に復帰するまで1ヵ月以上試合に出られなかった。

「高校、大学と自分の考えを貫いて、あまり指導者の言うことを素直に聞いていなかった。それで結果が出ていなかったので、BCLでは監督やコーチの言うことをしっかりできるように心掛けました。その結果、成長を感じることができるようになりました」

実戦復帰後、快音が続くようになった。

「続けて本塁打が出るようになったり、長打を打てたり、結果が出るようになりました。指導者の人達の『NPBに行かせたい』という気持ちが伝わってきて、感謝の気持ちで一つ一つの言葉を心に刻んでいます」



海老原君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:00│ │独立リーグ 
ドラフトニュース検索