ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

吉田輝星(金足農)、ヤクルト「人気も実力も楽しみ」

2018年09月01日

9/1、スポーツ報知3面より

吉田 輝星 (金足農高・投手)
176cm・右投右打・動画

リミッターを外した金足農・吉田(動画)が、マウンドで躍動した。2点リードの9回2死。この日最速タイとなる149キロでバットをへし折り、投ゴロで締めた。

「コントロールも気にせず、打たれてもいいから、全力で腕を振り切ろうと思っていた」。先頭に死球を与えたが、続く打者を空振り三振に仕留め、女房役の小泉が二盗を阻止。直球で押す魂の投球で1回を無安打無失点に封じ、宮崎のファンを魅了した。

甲子園を沸かせた150キロ右腕の侍デビューに、サンマリンが沸いた。9回。吉田の名がコールされると、1万6000人が詰め掛けたスタンドから、この日一番の拍手が湧き起こった。大阪桐蔭との甲子園決勝以来、10日ぶりの実戦登板。第1球の前には中堅・藤原と目を合わせ「シャキーン」ポーズも初披露。「ルーチンなので。(藤原は)100点です」と照れくさそうに笑った。

試合後も興奮を隠しきれなかった。ベンチからマウンドまで全力疾走したことに「早くマウンドに立ちたいと。気付いたら、全力疾走していた」。全11球が「直球」と繰り返したが、死球となった先頭打者への2球目は、125キロのツーシーム。

「(球種は)覚えていないんです」。さらに「体が動きすぎて(気分も)アゲアゲで投げられました。春先に初めてピッチングしたぐらいの感じ。体が自由自在に動くっていう感じですね」と笑顔で振り返った。

ネット裏では、巨人など8球団のスカウトが視察。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「間隔が空いていたけど、しっかり自分のボールを操っていた。全く問題ない。人気もすごかったね。実力とともに、今後が楽しみ」と評価。

永田裕治監督は「興奮してましたね。投げられたということで、うれしさがあるんじゃないですか」とホッとした表情を見せた。今後の起用法は、改めて状態を見ながら検討することになる。右腕は「クローザーも経験できたので、心理的にはどこでもできるイメージ」と手応え。完全復活目前の「みちのくのドクターK」が、侍エースに名乗りを上げる。

(8月31日 侍ジャパン壮行試合 高校日本代表 4-2 宮崎県高校選抜)



吉田君のスカウト評はこちら

吉田君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01│ │ヤクルト 
ドラフトニュース検索