ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

根尾昂(大阪桐蔭)、プロ志望表明「二刀流も」

2018年09月11日

9/11、デイリースポーツ5面より 

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画

日本が中国を7回コールドで下して3位を死守し、来年のU18ワールドカップの出場権を獲得した。今秋ドラフト1位候補・根尾昂内野手(動画)(3年)は七回に登板して、自己最速を更新する150キロを投げて1回無安打無失点。プロ入り後も二刀流継続へ意欲を見せた。

高校日本代表としての最終戦。最後の最後に見せ場を作った。根尾は13点差の七回にマウンドへ。1死後、6番・王帥への3球目だった。リリースした瞬間に手応えがあった。150キロの直球で空振り三振。

「いつもより指にかかった感じがあったので、後ろ(の電光掲示板)を見た。うれしいですね」。1次L・韓国戦は、これまでの148キロを更新する149キロを記録した。今大会2度目の登板でさらに更新。改めて投手としての可能性を示す活躍を見せた。

5番打者としては四回1死二、三塁で、中前2点適時打を放った。1次L・香港戦は自身初のサイクル安打を放ち、今大会は打率・389。国際舞台でも投打でトップレベルのプレーを見せた。今夏の甲子園決勝後には「(今後は)遊撃かなと思う」と話していた。だが、この日はプロでの二刀流継続を問われると「はい」と返答した。

「遊撃に絞ったこともない。両方をやるにしろ、どっちかに絞るにしろ通用しない。レベルアップしないと」。指名を受けた球団の方針もあるが、どちらで指名を受けても対応できるように準備していくつもりだ。一番やりたいことを聞かれると「練習」と即答した。国際大会の経験を生かし、二刀流実現へ進化を目指す。

(9月10日 U18アジア選手権 日本 14-1 中国)



根尾君のスカウト評はこちら

根尾君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:02│ │プロ志望届 
ドラフトニュース検索