ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

大阪桐蔭に怪物1年生、西野力矢が2本塁打

2018年09月16日

9/16、サンケイスポーツ6面より

西野 力矢 (大阪桐蔭高・一塁手)
180cm・右投右打・動画

夏100回大会で偉業を刻んだ大阪桐蔭の、新章が幕を開けた。主役は公式戦初出場で2発を放った3番・西野(動画)だ。今秋のドラフト1位候補、藤原恭大外野手&根尾昂内野手が去ったチームに、スーパー1年生が彗星のごとく現れた。「初戦は何としてでも勝つ、詰まってでもヒットを打つ、と思っていました」

いきなり球場を沸かせた。一回一死一塁、公式戦初打席で左翼へドカンと“新チーム1号”。2-0の三回無死満塁では再現するかのように、左翼へたたき込むグランドスラムだ。11-0と大差のついた、この回2度目の打席ではあわや3打席連続となる中堅フェンスギリギリの犠飛。

持ち味は「遠くへ飛ばすこととフルスイング」と話す16歳が、7打点の衝撃デビューだ。入学当時は体重98キロと“重量級”だったが、練習は中学時代の週2日から毎日へと変わり、いまでは86キロまで絞られた。西谷浩一監督は「ロングヒッターでいいものを持っている子」と大きな期待を寄せる。

今夏の甲子園はボールボーイとして、先輩たちの雄姿をスタンドよりも近い距離で見つめた。「(相手を)圧倒する野球で、どんどん振っていくのがすごかった」-。西野の2発はいずれもファーストストライク。脳裏に焼きつけた“大阪桐蔭スタイル”をしっかりと発揮してみせた。

「まだまだ技術的に足りない。1年なのでがむしゃらに、思いっきりやるだけだと思います」。先輩が残してくれた2つの大きな旗を、再びつかむ。いずれも史上初となる春3連覇、3季連続V、そして3度目の春夏連覇へ-。高校球界の“横綱”が、フレッシュな力で走り出した。

(9月15日 大阪大会1回戦 大阪桐蔭 17-0 堺工科)



西野君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:01│ │高校 
ドラフトニュース検索