ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

佐々木(大船渡)、ヤクルト・中日「競合ドラ1の力」

2018年09月17日

9/17、サンケイスポーツ4面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

岩手大会1回戦で、大船渡が盛岡三に5-0で勝利。佐々木朗希投手(動画)が6安打完封勝利を挙げた。11三振を奪い、一回には自己最速を3キロ更新する157キロをマーク。視察したNPB7球団、MLB2球団のスカウトをうならせた。

電光掲示板に「157キロ」の表示。一回、二死満塁で6番・岩渕を二ゴロに封じた佐々木の5球目に、ほぼ満員にふくれあがった球場全体からどよめきがあがった。「比較的調子がよかった。歓声があがって(自己記録の154キロを)更新したなと。まずは160キロをオーバーしたい」

県大会初戦。序盤は慎重になって制球に苦しんだが、1メートル89の長身から繰り出す直球はコンスタントに150キロ台を記録した。九回にも大台を連発し「抜いて投げても球速が出た。しっかりリリースできた」。スライダーやフォークボールの変化球でも相手を翻弄。三、七、九回のピンチでは「狙った」とゴロで併殺打に仕留める投球術も見せ、6安打完封した。

日本の7球団のスカウトや、米メジャー2球団の関係者が視察。ヤクルト・斉藤スカウトは「初めて生で見たが、ここまでいいとは。想像以上。160キロも時間の問題」。中日・山本スカウトは「今年でも競合ドラ1の力」と絶賛した。

この夏は同じ公立校の金足農(秋田)が全国で準優勝。フィーバーを見て、決意も新たにした。「自分たちも同じように地元を盛り上げたい。一戦必勝で優勝、センバツ切符を取りたい」と佐々木。みちのくのニューヒーローが、来春は主役を奪い取る。

(9月16日 岩手大会1回戦 大船渡 5-0 盛岡三)



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:06│ │中日 | ヤクルト
ドラフトニュース検索