ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

野村大樹(早実)、ソフトバンクが熱心というウワサ

2018年09月20日

9/20、日刊ゲンダイ27面より

野村 大樹 (早稲田実高・三塁手)
172cm・右投右打・動画

早実の生徒はほぼ100%に近い割合で、早大に進学できる。昨年、プロ志望届を提出すればドラフト1位指名が確実視された清宮幸太郎(現日本ハム)ですら早大進学かプロ入りか、最後まで悩んだ。昨秋のリーグ戦で70年ぶりの最下位に沈んだ早大野球部にしても、系列校のスラッガーは当然、早大に進学してくるものだと思っているし、それなりの攻勢もかける。

そんな状況下で、昨年の清宮に続き、2年連続で早実の強打者がプロ入りを表明した。今月10日に早々とプロ志望届を提出したのは2年生ながら17年春のセンバツに出場、先輩で3番を打つ清宮を押しのけて4番に座った野村大樹(動画)だ。

野村はセンバツ2試合で、計9打数5安打、2打点。高校通算68本塁打をマークした。172センチ、82キロはプロ野球選手としては小柄ながら、「ミート力、パンチ力は超高校級」というのがネット裏のスカウトの一致した見方。

「早大で順調に育てば4年後はドラフトの目玉になる逸材。いくら本人のプロ志向が強くても、早大野球部が放っておくはずがない」と進学が既定路線とみられていたが、本人は早大を蹴飛ばしてまでプロを選択した。「ソフトバンクが野村を高く評価していると聞いています」と、セ・リーグのあるスカウトがこう言った。

「球団会長の王さんがいたく野村にご執心だというのです。あの長打力は捨てがたいとね。いまのソフトバンクに自分の後輩となる早実出身の選手がいないことも背景にはあるのでしょう。スカウトには早実出身の選手を取って欲しいという要望が出ていて、担当外のスカウトがわざわざ野村の打撃をチェックしに出向いたという話もあるくらい。野村サイドにはおそらく、ドラフトで指名するという意思が伝わっているんじゃないか。でなければ早大をソデにしてまで、早々とプロ入りの意思を固めるはずがありません。プロ入りは早大を卒業してからでも遅くないし、両親も教育熱心だといいますから」

野村はドラフトで指名されるアテがあるからこそ、プロ志望届を提出したというのだが。



野村君のスカウト評はこちら

野村君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 07:40│ │ソフトバンク 
ドラフトニュース検索